三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教養教育・教養統合科目・地域理解・日本理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修
授業科目名 日本文学A
にほんぶんがく えー
Japanese Literature A
授業テーマ 日本古典文学入門
単位数 2 単位
分野 人文 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 水曜日 5, 6時限
開講場所

担当教員 村口進介(人文学部)

MURAGUCHI,Shinsuke

学習の目的と方法

授業の概要 高等学校の教科書に掲載される平安文学の代表作の読解を通して、個々の作品の世界観や文学史的な位置づけを理解し、古典文学における「ことばの論理」や物語展開のパターンなどを学び、古典文学を読むための基礎的な視点や方法を身につける。
学習の目的 高等学校の教科書などで接したことのある作品を「研究」の視点からあらためて読み直し、古典文学を読むうえでの諸問題を理解し、それらの作品を育んだ平安時代の時代状況や人びとの思考、心性を学ぶ。
学習の到達目標 現代語訳を介さず、「古文」を「古文」のまま読むことに親しみ、紫式部や清少納言、光源氏などの「見ぬ世の人を友とする」(『徒然草』13段)。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 プリントを配布する。
参考書 小山・河添・陣野編著『王朝文学と東ユーラシア文化』(武蔵野書院)
〈古代文学と隣接諸学〉シリーズ(竹林舎)
古瀨雅義『枕草子章段構成論』(笠間書院)
室伏信助『王朝日記物語論叢』(笠間書院)
成績評価方法と基準 授業中の課題(ミニレポートや小テスト)30%、学期末レポート70%
オフィスアワー 毎週木曜日の昼休み *事前にメール等で予約して下さい。
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫 適宜課す課題や小テストを通じ、学生の理解度をはかり、授業内容に反映させる。
その他

授業計画

キーワード 日本古典文学、中古文学(平安文学)
Key Word(s) Japanese classical literature、Classical Japanese literature(Heian literature)
学習内容 第1回 イントロダクション
第2回 『枕草子』春はあけぼの
第3回 『伊勢物語』初冠/東下り
第4回 『伊勢物語』惟喬親王関連章段
第5回 『竹取物語』かぐや姫の生ひ立ち
第6回 『竹取物語』かぐや姫の昇天
第7回 『古今和歌集』、和歌の基礎知識
第8回 『蜻蛉日記』兼家の求婚
第9回 『蜻蛉日記』道綱、鷹を放す
第10回『枕草子』日記的章段
第11回『枕草子』随想的章段
第12回『源氏物語』光源氏誕生
第13回『源氏物語』小柴垣のもと
第14回『大鏡』競べ弓
第15回 まとめ
事前・事後学修の内容 ・講義の内容に関して適宜ミニレポートや小テストを行う。
・次回取り上げる作品を熟読してくること。
・講義の内容をふまえて、あらためて本文を読みなおす。
・授業に紹介した参考文献などを通じて、作品への理解を深める。
ナンバリングコード(試行) LIJLIT1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University