三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・教職に関する科目
科目名 保育職の意義・役割
ほいくしょくのいぎとやくわり
meaning and role of childcare’s career
受講対象学生 教育学部, A 類

学部(学士課程) : 2年次
68 期生
卒業要件の種別 必修
授業科目名 保育者論
ほいくしゃろん
theory of teacher
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 水曜日 1, 2時限
開講場所 保育実習室Ⅰ

担当教員 須永 進

SUNAGA Susumu

学習の目的と方法

授業の概要  保育を取り巻く状況は日々変容を見せ、新たな保育ニーズが求められている。特に、人的環境としての保育者に対する期待は大きい。この講義では、こうした社会的要請に対応するために保育者として必要とされる知識や方法を学ぶと同時に、子どもの人権保障や幼保一体化への対応など、新しい保育動向を視野に入れた内容で構成されている。 
学習の目的  この講義により、これまでの保育を振り返りつつ、急速に変容する今日の保育事情に、的確に対応できる保育者の養成を目的に講義を展開する予定である。すなわち、保育者として求められる保育への考え方や構造化に加え、多様化の進む現状に対応できるための意識形成や実践的方法、さらには保育者の責務や倫理性などの習得が図られることを目的としている。
学習の到達目標  この「保育者論」の履修を通して、保育者としての役割や責務について理解が図られるとともに、今後の保育者のあるべき姿の意識化と構造化に向けた学習の展開が期待される。こうした点を本講義の到達目標としている。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業

教科書 未定。
参考書 適宜、授業時に提示予定。
成績評価方法と基準  振り返りとしての小テスト 40点、レポート 40点、授業時の受講姿勢(発言、問題提起、解決に向けた提案、協調性など)20点、計100点
オフィスアワー 月曜日 9・10(16:20~17:50)
受講要件 保育や幼児教育に関する興味や関心が高く、事前・事後学習に取り組める学生の受講を望んでいる。
予め履修が望ましい科目 保育原理、幼児教育学など履修していることが望ましい
発展科目 幼児教育学特別研究Ⅰ、幼児教育学特別研究Ⅱ
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 保育者
Key Word(s) childcare teacher ,
学習内容 1. 本講義のねらい・目的、評価の方法、履修上の注意点
2. 保育の必要性と保育者の果たすべき役割ー子どもの発達特性と役割
3. 保育者養成とその現状ー現行制度への理解と課題
4. 保育者の職種と役割 Ⅰ-保育所の保育士
5. 保育者の職種と役割 Ⅱ-児童福祉施設の保育士
6. 保育者の職種と役割 Ⅲ-幼稚園教諭、認定こども園(保育教諭)
7. 保育者の職種と役割 Ⅳ-障がい児保育・教育、他 
8. 振り返り-小テスト
9. 子育て支援と保育者の役割 Ⅰ-子育て支援の概要 
10.子育て支援と保育者の役割Ⅱ-子育て支援の実際
11.子どもの人権保障と保育者の責務-倫理性
12.保育者による指導事例Ⅰ- 相談支援
13.保育者による指導事例Ⅱ- 障がい児保育・教育
14.保育者による自己点検・評価の意義と方法
15全体のまとめ-省察
学習課題(予習・復習)  「保育者論」は、理論を基礎に学習が展開するが、実際の保育や現場の保育者との接点を受講者自らが持つようにすることが不可欠になる。また、保育者による保育実践や取組みなど、関連する図書や文献に目を通すことも必要になる。
ナンバリングコード(試行) ED-CHIL-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University