三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養統合科目・国際理解・現代社会理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修
授業科目名 現代社会理解実践
げんだいしゃかいりかいじっせん
Understanding Modern Society Practicum
授業テーマ 次世代産業実践
単位数 2 単位
分野 社会 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期集中

9/6(水)〜8(金)

開講時間
開講場所 県の研修施設(鈴鹿市内)

担当教員 永野 聡

NAGANO, Satoshi

学習の目的と方法

授業の概要  三重のバイタル産業に急成長する可能性を持つ、「次世代産業(2017年度:航空宇宙産業)」をテーマとして、課題発見と解決方法に関して、第一線で活躍するスペシャリストと共に、グループワーク、ディスカッション、実証実験を通して、自己研鑽を積む。
 経済産業省が提唱する《社会人基礎力(「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力=「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」)》の素地を身につける。
学習の目的  日本の航空宇宙産業は戦後、防衛需要を中心に細々と継続・発展してきたが、1980年代より、大型旅客機の国際共同開発パートナーの一員として技術の蓄積を進めてきた。最近では、米ボーイング社の新鋭機であるB787の35%の部品を担うパートナーとして世界的に存在を高めたほか、国内初のジェット旅客機の開発にも着手するなど、先端産業としての発展可能性が注目されるに至っている。
 本科目では、学生諸君が日本の航空宇宙産業の約50%を占める中部圏に居るのだ、という認識に立ち、「地場産業」として航空宇宙産業に対する理解を深めてもらい、将来第一線で活躍できる人材の発掘を目指す。
学習の到達目標  三重県における社会的事象(次世代産業、ものづくり産業、等)を深く理解し、関連する諸分野の知識を統合し、理想的な地域の有り様を探究する。本科目の特徴は合宿型(2泊3日)であり、3〜5人のグループワークを通して地域課題(「次世代産業」)を発見し、それについて深い分析・考察を加え、その成果を効果的に表現する事で、自らの考えを社会に還元する素養を修得する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業

教科書
参考書 ボーイング社HP、三菱重工(株)HP、他
成績評価方法と基準 授業や現地合宿への積極的な参加40%、成果発表30%、レポート30%
オフィスアワー 事前に連絡をする事。
受講要件
予め履修が望ましい科目 スタートアップセミナー、日本理解特殊講義(授業テーマ:三重の歴史と文化)
発展科目
授業改善への工夫 ・授業内容(現地調査、ヒアリング対象者、等)や評価方法(ルーブリック)を検討する。
・科目内容は、「次世代産業分野」のスキル『世界的な視点でプロジェクトを立ち上げ、マネージメントする能力』を涵養するものとする。
・授業改善アンケートを実施。次年度へ向けたFDを実施。
その他

授業計画

キーワード 学外研修、討論、口頭発表
Key Word(s) Study camp, Oral discussion, Verbal presentation
学習内容 現地学習(2泊3日)
《1日目9/6(水):(座学+グループワーク)》
午前①:グループワーク場所兼宿泊先に到着(鈴鹿市内)
午前②:講義1「飛行機の歴史・ロケットの歴史」@創作室or研修室
〜昼食〜
午後①:講義2「産業としての航空・宇宙」「航空機の構造と航空力学」「航空エンジンの構造」@創作室or研修室
午後②:講演「日本のロケット開発を支えた現場からのメッセージ」(小林実(元三菱重工業宇宙機器部長、名古屋大学特任教授))@創作室or研修室
〜夕食〜
午後③〔実験①〕ペーパープレーンを各自設計製造する。@創作室or研修室 ※グループワーク(3人1組)でピア効果を醸成する。

《2日目9/7(木):(グループワーク+発表)》
〜朝食〜
午前①:〔実験②〕飛行試験とデータ収集@創作室+総合研修館
〜昼食〜
午後①:〔実験③〕飛行試験とデータ収集@創作室+総合研修館
午後②:〔実験④〕実験結果報告会(全グループ)@総合研修館
午後③:実験結果についての総括@創作室
〜夕食〜
午後④:〔まとめ〕日本の航空宇宙産業の発展可能性@創作室or研修室

《3日目9/8(金):(見学)》
〜朝食〜
午前①:移動【マイクロバス】
午前②:事例見学1(大起産業(木曽岬町))※概要説明、見学、質疑応答
〜昼食〜
午後①: 事例見学2(三菱重工(株)名古屋航空宇宙システム製作所 飛島工場)※概要説明、見学、質疑応答
移動【マイクロバス】
午後②:バス車中にて振り返りとまとめ
四日市駅 解散、白子駅 解散、津駅 解散

《注意》:現時点での学習内容となり、実際の授業実施に際しては、若干、変更の可能性もある。
学習課題(予習・復習) 予習:《事前学習(座学、自主調査学習(文献、Web))》
「日本の航空宇宙産業に関する課題と展望」というテーマで、A4レポート1枚にまとめ、事前(2週間前)に提出する。

復習:レポート《事後学習》
「本授業の履修を通して得られたもの」というテーマでA4レポート1枚を提出。※事後指導も実施。
ナンバリングコード(試行) LIMOSS1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University