三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養統合科目・地域理解・日本理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修
授業科目名 三重学
みえがく
Mie Studies
授業テーマ 食と観光実践
単位数 2 単位
分野 社会 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期集中

5/13(土)13:00〜17:00、6/17(土)13:00〜17:00、9/3(日)〜5(火)

開講時間
開講場所 大川学園5階講義室、三重県総合博物館(レクチャールーム、他)、皇學館大学会議室、他(フィールドワーク先:伊勢志摩)

担当教員 永野 聡(地域人材教育開発機構)

NAGANO, Satoshi

学習の目的と方法

授業の概要  三重の地域をフィールド(2017年度:伊勢志摩)として、「食と観光」の切り口より、課題発見と解決方法に関して、第一線で活躍するスペシャリストと共に、グループワーク、ディスカッションを通して、自己研鑽を積む。
 経済産業省が提唱する《社会人基礎力(「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力=「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」)》の素地を身につける。
学習の目的  観光産業は三重県にとって基幹産業の一つであり、ほぼ毎年入込者数は増加を続けている。(http://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000639462.pdf)加えて、国を上げた施策により、インバウンド観光客数も増加の一途をたどっている。しかしながら一方で、県内高等教育機関に目を向けると、観光産業や関連産業について体系的に学習する機会は少ない。その理由としては、県内の観光産業の多くが中小零細のため発信力にかけ、高等教育機関への働きかけや中長期的な人材の確保・育成などが十分に行えていないのではないかと想定される。
 学生たちの中には、地域の一次産業や自然環境、歴史風土文化を学び、将来のキャリアデザインを構築する際に、観光産業に活路を見出す者もいるはずであり、将来的に地域へ貢献する可能性を大いに秘めている。
 そこで、県内の一大観光エリアである伊勢志摩をフィールドとし、「食と観光」の素材と魅力発信について見聞を広め、そこに参画することを想定して「何が出来るか」「どのようなスキルが必要か」「どのような連携が必要か」について、課題解決型授業を通じて修得する。
学習の到達目標  三重県における社会的事象(ポストサミット、レガシーの活用、少子高齢化、人口減少、等)を深く理解し、関連する諸分野の知識を統合し、理想的な地域の有り様を探究する。本科目の特徴は合宿型(2泊3日)であり、3〜5人のグループワークを通して地域課題(「食と観光」)を発見し、それについて深い分析・考察を加え、その成果を効果的に表現する事で、自らの考えを社会に還元する素養を修得する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業

教科書
参考書 大川吉崇 著『三重県の食生活と食文化』調理栄養教育公社、2008年
西村幸夫 編著『観光まちづくり―まち自慢からはじまる地域マネジメント』学芸出版社、2009年
江口信清、藤巻正己 編著『観光研究レファレンスデータベース●日本編』ナカニシヤ出版、2011年
俵慎一『B級ご当地グルメでまちおこし: 成功と失敗の法則』学芸出版社、2011年
なごやめし普及促進協議会「なごやめし」インターネットサイト URL http://nagoya-meshi.jp/
三重県博物館『南北の共存 東西の交流 三重県総合博物館展示案内』、2016年
成績評価方法と基準 事前学習や現地合宿への積極的な参加40%、成果発表30%、レポート30%
オフィスアワー 事前に連絡をする事。
受講要件
予め履修が望ましい科目 スタートアップセミナー、日本理解特殊講義(授業テーマ:三重の歴史と文化)
発展科目
授業改善への工夫 ・ 授業内容(現地調査、ヒアリング対象者、等)や評価方法(ルーブリック)を検討する。
・ 科目内容は、「食と観光分野」のスキル『地域資源の発掘や海外展開などのマーケティング、販売戦略構築能力』を涵養するものとする。
・ 授業改善アンケートを実施。次年度へ向けたFDを実施。
その他

授業計画

キーワード 学外研修、討論、口頭発表
Key Word(s) Study camp, Oral discussion, Verbal presentation
学習内容 事前学習(座学)
【1回目(5/13(土))13:00〜17:00】@大川学園5階講義室
①:オリエンテーション、本プログラムのねらい
②:三重における歴史的変遷の概要説明
③:伊勢志摩の食文化と風土(大川吉崇(みえの食文化研究会会長・大川学園))
④:ご当地グルメを活用した町おこしとは
【2回目(6/17(土)) 13:00〜17:00】@三重県総合博物館(レクチャールーム、等)
①:伊勢志摩の生活と食文化を含めた博物館見学(太田光俊(三重県総合博物館 MieMu学芸員))
②:伊勢志摩の食と歴史(太田光俊(三重県総合博物館 MieMu学芸員))
③:(仮テーマ)伊勢志摩の「食と観光」をプロデュースするとしたら?※WS形式

現地学習(2泊3日)
《1日目(9/3(日))》
午前:行程説明
午後①:海女小屋(鳥羽・相差 はちまんかまど)にて海女さんへのランチヒアリング
午後②:海の博物館にて海女と食文化に関するレクチャー(石原義剛館長)
午後③:宿泊兼グループワーク場所に到着、
〜夕食〜 後にグループワーク

《2日目(9/4(月))》
午前①:早朝参拝 1時間40分程度
〜朝食〜
午前②:伊勢の食と街並(橋川史宏(伊勢福)、髙橋徹(建築家))
〜昼食〜
午後①:グループ毎にヒアリング(候補:内宮の観光客、市町の観光協会、伊勢甘タレからあげ協会、等)
※ 海外から見た伊勢志摩の「食」について外国人観光客へヒアリング。
※ 伝統料理(伊勢うどん、てこね寿司、他)、伝統菓子(赤福、へんば餅、他)について。
※ 二軒茶屋餅と地ビール(角屋)、角屋関連で「伊勢うどん」とホイアンのカルラウ。
※ 新しい食文化の創出についてヒアリング。(観光協会、伊勢甘タレからあげ協会、他)
午後②:宿泊兼グループワーク場所に到着、
〜夕食〜 後にグループワーク

《3日目(9/5(火))》
〜朝食〜
午前①:グループワーク@皇學館大学
〜昼食〜
午後①:発表会「伊勢志摩の「食と観光」」に関する現状と課題」@皇學館大学
※テーマ:マネジメント系、伝統の食文化系、新しい食文化系、インバウンド系、他
午後②:まとめ「伊勢における食と観光の可能性」
午後③:皇學館大学佐川記念神道博物館見学

《注意》:現時点での学習内容となり、実際の授業実施に際しては、若干、変更の可能性もある。
学習課題(予習・復習) 予習:《自主調査学習(文献、Web))》
参考文献等をもとに、「伊勢志摩の「食と観光」をプロデュースするとしたら?」という題目で、レポートを課す。(A4、2000文字以内)

復習:レポート《事後学習》
各自、発表会でまとめた内容を踏まえて、レポートを提出する。
ナンバリングコード(試行) LIMIES1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University