三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教養教育・教養統合科目・地域理解・日本理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修 選択
授業科目名 医学医療D
いがくいりょうでぃー
Medical Science and Care D
授業テーマ 暮らしと看護
単位数 2 単位
分野 自然 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開放科目 開放科目
市民開放授業 市民開放授業
開講学期

後期

開講時間 木曜日 9, 10時限
開講場所 医学部臨床第三講義室

担当教員 〇磯和勅子(医学部),船尾浩貴(医学部),井村香積(医学部),坂口美和(医学部),今井奈妙(医学部),大林陽子(医学部),仁尾かおり(医学部),新小田春美(医学部)、福録恵子(医学部),林智子(医学部),成田有吾(医学部),武田佳子(医学部),大北真弓(医学部),片岡三佳(医学部)

学習の目的と方法

授業の概要 日常生活で起こりやすい身近な健康課題についてのオムニバス方式の授業
学習の目的 日常生活で起こりやすい身近な健康課題についての理解を促し、具体的な対処方法と予防的観点からの「健康的な生活の過ごし方」について考える力を育てる。
学習の到達目標 1)生活の中にある身近な健康課題について再確認し、その対処方法や予防方法のあり方について理解する。
2)各健康課題の視点から自分の生活をみつめ直し、発生要因や具体的な対処方法について考える。
3)身近な健康課題の予防に向け、生活習慣を改善する具体的方策について考える。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  • ○実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 授業において資料を配付
参考書 授業において資料を配付
成績評価方法と基準 2/3以上の出席を条件に、各回ごとのレポートで評価する
オフィスアワー この科目はオムニバス形式です。
各授業内容に関する問い合わせは授業を担当した教員にお願いします。
問合せ先がわからない場合は世話役へ連絡してください。
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫 他の学生へ迷惑となる受講態度に対する注意や出席管理を徹底する。
その他 1.本科目のすべての授業の3分の2以上へ出席してください。最終評価の要件になります。
2.授業後に提出するレポート内容を評価対象とします。毎回、担当教員がレポートを読み、10段階で評価採点をします。15回のレポートの平均点で最終の評価をします。
3.毎回、授業において、講義担当者から提示されたテーマや要件について所定の用紙に記入し、授業後(当日)に提出してください。後日の提出は受け付けません。
4.所定のレポート用紙には、氏名、学籍番号を記入し、学籍番号はマーク欄にも記入してください。専用の機械で読み取ります。学籍番号のマークがないものは「代筆」とみなします。
5.テストを行いません。その代わりに毎回のレポートが重要になります。各授業での学びはあなた自身のものですので、あなた自身で書いてください。レポートの「代筆」は不正行為です。
6.欠席した当日の授業について授業担当教員と連絡を取りたい場合は、「授業担当教員」または「科目統括」に連絡をとって対処してください。

授業計画

キーワード 暮らし、健康、看護
Key Word(s)
学習内容 1 磯和勅子 超高齢社会における防災対策 災害看護の視点から
2 船尾浩貴 コミュニティと健康
3 井村香積 人間関係
4 坂口美和 死への準備教育
5 今井奈妙 化学物質過敏症
6 大林陽子 出産と産後の女性のストレス
7 仁尾かおり 移行期医療・移行支援
8 新小田春美 睡眠の健康科学
9 福録恵子 骨の健康学
10 林智子 相手の立場になって考える
11 成田有吾 成年後見制度と暮らし
12 宮田千春 良く働くこと良く働かせること
13 武田佳子 代替医療
14 大北真弓 難病の子どもの暮らしと看護
15 片岡三佳 知っていて欲しいこころのケア

(*授業担当者と内容、順序を変更、追加することがある)
事前・事後学修の内容 事前学修:毎回の学習内容に沿って、新聞やニュースなどで現代社会における問題や動向を調べる。
事後学修:授業中にレポート課題として出されたテーマについて、授業資料を読み直し、事前学修で得た情報も加味して考察する。
ナンバリングコード(試行) LIMEDN1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University