三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 医学部医学科 ・社会と医学
受講対象学生 学部(学士課程) : 3年次
大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次, 2年次
選択・必修 必修
授業科目名 公衆衛生学
こうしゅうえいせいがく
Public Health Medicine
単位数 3 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 水曜日 9, 10時限; 木曜日 1, 2, 3, 4時限
開講場所 社会と医学:基礎第1講義室
疫学統計実習:総合情報処理センター第4教室

担当教員 〇笽島茂(医学系研究科)、森田明美(医学系研究科)、村田真理子(医学系研究科)、伊藤由希子(非常勤講師)、山口直人(非常勤講師)、田島和雄(非常勤講師)、高橋邦彦(非常勤講師)、坂本峰至(非常勤講師)、飛田英祐(非常勤講師)、秋葉澄伯(非常勤講師)、圓藤吟史(非常勤講師)、谷口清州(非常勤講師)、山田知美(非常勤講師)

学習の目的と方法

授業の概要 疫学Epidemiologyは、疾病の予防や診療に役立つ要因(例:禁煙、検診、抗がん剤)を、人間集団において探索、分析、そして検証するための科学である。

そのような研究によって明らかにされたことを、他の諸科学(例:予防医学、臨床医学、経済学)と連携して健康な社会の実現を総合的な視点から考究・実践するのが公衆衛生学Public Healthである。

疫学・公衆衛生学の基礎には、確率・統計論が含まれるが、さらに重要なのは人間社会への深い洞察と理解である。

本講座の教育は、他の社会医学講座と協力しながら、学生の皆さんが社会と医学・医療の関係を理解することを目標とする。
学習の目的
学習の到達目標
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 実習

授業の特徴

教科書
参考書
成績評価方法と基準
オフィスアワー
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

第1回 概要 4月12日(木)8:50-10:20
公衆衛生学入門(笽島)
授業時間内の学習内容 疫学・公衆衛生学入門:John Snowの業績を例として
-現代疫学の基本的考え方-
キーワード(Key Word(s)) C.E.A. Winslow、John Snow、発生病理学(pathogenesis)、疫学(epidemiology)、症例研究(case study)、コレラ(cholera)、瘴気説(miasma theory)、胚種説(germ theory)、Robert Koch、世界的大流行(pandemic)、アウトブレーク(outbreak)、分布、記述疫学、社会経済的状況(socioeconomic status、SES)、仮説(hypothesis)、分析疫学、介入・実験、対照(control)
事前学修の内容
事後学修の内容
自由記述欄
第2回 概要 4月12日(木)10:30-12:00
授業時間内の学習内容 医療経済学(伊藤)
キーワード(Key Word(s))
事前学修の内容
事後学修の内容
自由記述欄
第3回 概要 4月19日(木)8:50-10:20
授業時間内の学習内容 電磁界疫学とリスクコミュニケーション(山口)
キーワード(Key Word(s))
事前学修の内容
事後学修の内容
自由記述欄
第4回 概要 4月19日(木)10:30-12:00
疫学・公衆衛生学1(笽島)
授業時間内の学習内容 記述疫学(1):疾患の頻度
-疾患分布の記述・分布と分母・比較のための調整-
キーワード(Key Word(s))
事前学修の内容
事後学修の内容
自由記述欄
第5回 概要 4月25日(水)16:20-17:50
授業時間内の学習内容 疫学・統計実習1(高橋・飛田・山田・笽島)
キーワード(Key Word(s))
事前学修の内容
事後学修の内容
自由記述欄
第6回 概要 4月26日(木)8:50-10:20
授業時間内の学習内容 コホート研究とがんの疫学(田島)
キーワード(Key Word(s))
事前学修の内容
事後学修の内容
自由記述欄
第7回 概要 4月26日(木)10:30-12:00
疫学・公衆衛生学2(笽島)
授業時間内の学習内容 記述疫学(2):疾患の頻度
-リスク・人時罹患率・罹患率と有病率の関係-
キーワード(Key Word(s))
事前学修の内容
事後学修の内容
自由記述欄
第8回 概要 5月9日(水)16:20-17:50
授業時間内の学習内容 疫学・統計実習2(高橋・飛田・山田・笽島)
キーワード(Key Word(s))
事前学修の内容
事後学修の内容
自由記述欄
第9回 概要 5月10日(水)8:50-10:20
授業時間内の学習内容 公害の疫学(坂本)
キーワード(Key Word(s))
事前学修の内容
事後学修の内容
自由記述欄
第10回 概要 5月10日(木)10:30-12:00
疫学・公衆衛生学3
授業時間内の学習内容 分析疫学:労働時間の疫学を例として
-リスク管理のための科学・原因診断・予防-
キーワード(Key Word(s)) 相対危険度、寄与危険度、集団寄与危険割合
事前学修の内容
事後学修の内容
自由記述欄
第11回 概要 5月23日(水)16:20-17:50
授業時間内の学習内容 疫学・統計実習3(飛田・高橋・山田・笽島)
キーワード(Key Word(s))
事前学修の内容
事後学修の内容
自由記述欄
第12回 概要 5月24日(木)8:50-10:20
授業時間内の学習内容 放射線影響の疫学と公衆衛生(秋葉)
キーワード(Key Word(s))
事前学修の内容
事後学修の内容
自由記述欄
第13回 概要 5月24日(木)10:30-12:00
授業時間内の学習内容 産業医学1(圓藤)
キーワード(Key Word(s))
事前学修の内容
事後学修の内容
自由記述欄
第14回 概要 5月30日(水)16:20-17:50
授業時間内の学習内容 疫学・統計実習4(飛田・高橋・山田・笽島)
キーワード(Key Word(s))
事前学修の内容
事後学修の内容
自由記述欄
第15回 概要 5月31日(木)8:50-10:20
授業時間内の学習内容 ワクチン接種と感染症疫学(谷口)
キーワード(Key Word(s))
事前学修の内容
事後学修の内容
自由記述欄
第16回 概要 5月31日(木)10:30-12:00
疫学・公衆衛生学4(笽島)
授業時間内の学習内容 スクリーニング・診断:尤度比
キーワード(Key Word(s)) 感度、特異度、陽性反応適中度、陰性反応適中度、尤度比、臨床決断分析
事前学修の内容
事後学修の内容
自由記述欄
第17回 概要 6月6日(水)16:20-17:50
授業時間内の学習内容 疫学・統計実習5(山田・高橋・飛田・笽島)
キーワード(Key Word(s))
事前学修の内容
事後学修の内容
自由記述欄
第18回 概要 6月7日(木)8:50-10:20
授業時間内の学習内容 分子疫学(村田)
キーワード(Key Word(s))
事前学修の内容
事後学修の内容
自由記述欄
第19回 概要 6月7日(木)10:30-12:00
授業時間内の学習内容 公衆衛生における栄養政策(森田)
キーワード(Key Word(s))
事前学修の内容
事後学修の内容
自由記述欄
第20回 概要 6月14日(木)10:30-12:00
授業時間内の学習内容 産業医学2(笽島)
キーワード(Key Word(s)) 産業医学、疫学
事前学修の内容
事後学修の内容
自由記述欄
ナンバリングコード(試行)

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University