三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 生物資源学部
受講対象学生 資源循環学科・農林生物学教育コース
学部(学士課程) : 2年次
選択・必修 選択必修
教育コース選択必修:農業生物プロ指定科目
授業科目名 農業生物学実験
のうぎょうせいぶつがくじっけん
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 木曜日 5, 6, 7, 8, 9, 10時限
開講場所 生物資源棟 1F顕微鏡室、2F 生物第3実験室

担当教員 伴 智美(資源循環学科), 〇諏訪部 圭太(資源循環学科), 土屋 亨(生命科学研究支援センター),加賀谷 安章(生命科学研究支援センター), 塚田 森生(資源循環学科), 中島 千晴(資源循環学科), 名田 和義(資源循環学科), 近藤 誠(資源循環学科), 長屋 祐一(資源循環学科), 長菅 輝義(附帯施設農場), 白水 貴(資源循環学科)

Tomomi Ban, 〇Keita Suwabe , Tohru Tsuchiya, Yasuaki Kagaya, Morio Tsukada, Chiharu Nakashima, Kazuyoshi Nada, Makoto Kondo, Yuichi Nagaya, kiyoshi Nagasuga, shirouzu Takashi

学習の目的と方法

授業の概要 農業生物学プログラムの基礎的諸事項を理解するために必要な化学実験(薬品・実験器具の取り扱い, 化学計算, 生体成分の分析, 遺伝子解析など)を行う。
学習の目的 実験器具の取り扱い, 機器分析など各種実験の基礎を身につけることを目的とする。
学習の到達目標 実験器具の取り扱いや機器分析など各種化学実験の基礎を身につけるとともに, 農業生物学プログラムの各分野で対象としている化学分析法について理解を深める。実験器具の取り扱いや機器分析など各種化学実験の基礎を身につけることを目的とする。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実験

授業の特徴 グループ学習の要素を加えた授業 Moodle

教科書 農業生物学実験用オリジナルテキストを配布
参考書
成績評価方法と基準 実験態度・取り組み(50%), レポート(50%)
オフィスアワー 随時,各実験担当教員へ
受講要件 受講可能人数は42名.受講については農業生物プログラムの学生を優先する。
予め履修が望ましい科目 情報科学基礎, 数学基礎, 物理学基礎Ⅰ, 化学基礎Ⅰ, 生物学基礎Ⅰ, 生理学, 細胞生物科学, 農林統計学
発展科目 資源循環学演習, 卒業研究
授業改善への工夫
その他 教員免許・各種資格取得に関連した科目 (注 : 必ず入学年度の学習要項で確認してください)
各項目の実施順序は農業生物学実験の第1回目ガイダンスで知らせる。

授業計画

キーワード 基礎生物学実験
Key Word(s) genetics, breeding, crop science, horticulture, animal science, plant infection, insect ecology, farm, plant genome, experimental design, chemical experiments
学習内容 1 実体顕微鏡および光学顕微鏡の取り扱い
2 徒手切片の作製
3 植物の生長解析
4 昆虫の解剖と分類
5 植物の構造
6 群落の生産構造
7 圃場植物の観察と分類
8 動物ホルモン
9 微生物の機能 
10 水生動植物の観察
11 野外での生物の分布調査とデータ処理
12 種子発芽
13 植物ホルモン
14 光合成・呼吸・蒸散の測定
15 生殖と発生
事前・事後学修の内容 第一回目に, 顕微鏡実験室にてガイダンスと担当教員との顔合わせを行う。またその際に、通年の実験内容について必要なものなどを提示する。各実験で配布されるオリジナルテキストを熟読し、実験に取り組み、事後レポートを必ず提出すること。また、定刻以降の入室は事故防止のため認めない。
ナンバリングコード(試行) BO-BIOL-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University