三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 医学部看護学科 ・その他
受講対象学生 学部(学士課程) : 3年次
助産師課程3年生
選択・必修 選択必修
授業科目名 助産診断学Ⅱ
じょさんしんだんがくⅡ
Midwifery Diagnostics Ⅱ
単位数 3 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 月曜日 2, 3, 4時限
開講場所 看護2講、もしくは母子看護実習室

担当教員 大林陽子(医学部看護学科)、新小田春美(医学部看護学科)

OBAYASHI Yoko , SHINKODA Harumi

学習の目的と方法

授業の概要 産褥・新生児期の助産実践に必要な知識・技術を学習し、助産診断のプロセスを事例をとおして学ぶ。特別なニーズをもつ母子とその家族の看護について学ぶ。
学習の目的 産褥・新生児期の助産実践に必要な知識・技術に関する知識を得て、助産診断のプロセスを事例をもとに展開できるようになる。特別なニーズをもつ母子とその家族の看護についての知識を得る。
学習の到達目標 1.産褥・新生児期の助産診断に必要な知識・技術について理解できる。
2.褥婦・新生児の健康状態をアセスメントし、対象事例の状態に応じた助産診断過程を展開できる。
3.先天異常の児を出産した母親と家族、死産した母親と家族の看護について理解できる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 キャリア教育の要素を加えた授業

教科書 助産学講座:7.助産診断・技術学Ⅱ[2]分娩期・産褥期、8.助産診断・技術学Ⅱ[3]新生児期・乳幼児期 医学書院
病気がみえる Vol.10 産科 第3版 MEDIC MEDIA
実践マタニティ診断 第4版 医学書院
参考書 最新産科学 正常編・異常編 文光堂
助産師のためのフィジカルアセスメント 医学書院
根拠と事故防止からみた母性看護技術 医学書院
母乳育児支援スタンダード 第2版 医学書院
NCPR2015新生児蘇生法テキスト メジカルビュー社
今日の助産 南江堂
成績評価方法と基準 出席状況、講義参加状況、課題提出物の内容、定期試験の結果を総合的に評価する。
オフィスアワー
受講要件 2年次までの必修科目の単位をすべて修得していること。
予め履修が望ましい科目 母性看護学Ⅰ、母性看護学Ⅱ
発展科目 助産技術学Ⅰ、助産技術学Ⅱ、助産学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、助産論Ⅱ
授業改善への工夫 学生による授業評価、学生との面談をもとに教授方法を検討し、改善する。
その他

授業計画

キーワード 分娩期診断、胎児診断、ハイリスク妊娠 
Key Word(s) Parturient period diagnosis , Fetus diagnosis, High-risk pregnancy
学習内容 1.助産期の生理、経過とアセスメント
2.乳汁分泌のメカニズム
3.母乳育児支援
4.産褥期の看護(保健指導を含む)
5.褥婦の心理社会的変化と適応
6.産褥・新生児の助産診断(課題提示)
7.産褥期の異常とケア
8.新生児の助産診断、生理とアセスメント
9.新生児の助産診断、新生児の検査、成熟度評価
10.新生児の助産診断、新生児の看護
11.新生児の異常と助産ケア
12.ハイリスク児(NICU入院中)の看護
13.先天異常をもつ児の母親と家族のケア、ペリネイタルロスのケア
14.産褥・新生児の助産診断過程の展開(発表・意見交換)
15.産後・生後1ヵ月健康診査・乳児健康診査
16.定期試験
学習課題(予習・復習)
ナンバリングコード(試行) MD-NMAT-3

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University