三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・教科に関する専門科目(A類)・英語
科目名 英語学
えいごがく
English Linguistics
受講対象学生 教育学部, A 類
他類の学生の受講可
学部(学士課程) : 3年次, 4年次
~67 期生
卒業要件の種別 選択
授業科目名 英語学講義Ⅰ
えいごがくこうぎ いち
Lecture on English Linguistics I
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講 他専攻の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 月曜日 7, 8時限
開講場所 教育学部専門校舎1号館3階 
詳細は時間割表で確認すること

担当教員 梅田礼子(大同大学教養部准教授))

Umeda Reiko

学習の目的と方法

授業の概要 1-2年次に学習した「英語学」のうち、統語論の基礎として英語の文の構造について学習する。前期「英語学講義I」では構造分析に必要な基本術語を学習した後、動詞部分を中心に態、時制、相などについて学習し、考察する。また、学習した内容を踏まえ、中学・高等学校での英文法の教え方についても一部検討する。
学習の目的 英語の文の構造、特に態、時制、相について知識を得ることで、文を分析的に見る力をつける。
学習の到達目標 1.文の構造を考えるうえで必要な基本術語を身につける。
2.文の態、時制、相などを理解することができる。
3.態、時制、相などを初級者に教える方法を考察し、組み立てることができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 Carl Bache, Essentials of Mastering English: A Concise Grammar (Mouton De Gruyter,2000)
参考書 授業で指示する。
成績評価方法と基準 発表30%、期末レポート40%、期末発表30%、計100%、合計60%以上で合格
オフィスアワー 連絡窓口:
英語科代表または西村秀夫研究室
受講要件 「英語学概論」を履修済みか履修中であること。合わせてAIIの学生(中学校英語一種免許取得希望者)は、「英語音声学演習」および「英文法ゼミナール I, II 」をすでに履修しているか履修中であること。
予め履修が望ましい科目
発展科目 「英語学ゼミナール II, III, IV」「英語学講義Ⅱ」
授業改善への工夫
その他 この講義は選択科目であるが、中学校英語免許を主免許とする学生(AII)は必ず受講すること。また、中学校英語免許を副免許とする学生(AI)もできる限り受講すること。

授業計画

キーワード 統語論 文の機能 動詞句 態(能動・受動)  時制 相
Key Word(s) syntax, sentence functions, verb phrase, voice (active, passive), tense, aspect
学習内容 以下で項目の前に記した数字は、テキストの章・節を表す。第9章(Voice)以降、担当発表制とする。分担の詳細は授業内で提示・相談して決定する。なお、予定項目・進度は変更する場合もある。
第1回 オリエンテーション
    1. Grammatical description 1.1~1.4
第2回 1. Basic sentence structuresなど 1.5~1.9
第3回 2. Sentence functions
第4回  8. Situations and participants
第5回  9. Voice: active versus passive (1)
第6回  9. Voice: active versus passive (2)
第7回  9. Voice: active versus passive (3)
第8回 13. Verbals 13.1 Introduction
第9回 13.3 Tense and aspect (1): Introduction, Deictic forms, Future forms
第10回 13.3.Tense and aspect (2): Perfect forms, Future perfect forms, Progressive forms
第11回 13.3.Tense and aspect (3): Present and past progressive forms, Future progressive forms, Perfect and future perfect progressive forms
第12回 13.3.Tense and aspect (4): Tense-aspect in indirect speech, Tense-aspect in narration
第13回 期末発表準備、レポート準備
第14回 レポート提出、期末発表
第15回 期末発表、レポート講評、まとめ
学習課題(予習・復習) ・英語で書かれた文法学習書である。予習として予定箇所を読み、語句調べなどをしておくこと。内容に関する疑問があれば書き留めておき、授業で質問する。

・テキストの章1,2,8は教員による講義形式、9、13は受講者による分担制発表形式とする。授業内でテキストの節(長い場合は複数に分ける)の分担を決める。口頭で訳を言うだけではわかりにくいので、出来れば説明・まとめプリント(スライドも可能、事前に連絡)を用意する。全訳でなく要約してよい。訳するだけでなく、内容についても説明を行う。

・期末には興味を持った節(複数でも可)について、レポート作成、それに基づいた発表を行う。レポートは学習した内容を踏まえ、自分が中学高校で受けたその文法項目の説明や現行の教科書、学習参考書などの記述に問題点があればその指摘、用例収集、入門・初級者への指導のよりよい方法などについて考察する。
ナンバリングコード(試行) ED-ELIN-3

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University