三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学研究科(博士前期課程)国際教育科目
領域
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次, 2年次
選択・必修 選択必修
授業科目名 実践英語 I
じっせんえいご I
English for Your World I
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 火曜日 3, 4, 7, 8時限; 水曜日 3, 4, 7, 8時限
開講場所

担当教員 セルバンテス マリア

CERVANTES, Maria

学習の目的と方法

授業の概要 以下の3種類の要素を網羅した発信型英語の授業を行う
 * ディスカッション
 * 会話
 * ライティング
学習の目的 The course is expected to bring about the gift of speech in every Graduate School of Engineering student enrolled in the class. While it is true that the ability to speak with ease and fluency comes inherent to some, the skill to become one can also be developed using practical and proven English language acquisition strategies. Through this course on Speech Development and Improvement, it is envisioned that those who already have the ability will be able to further them, while those who want to acquire them will be able to own them.
学習の到達目標 科学技術英語の基本を習得する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  • ○実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 PBL 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業

教科書
参考書
成績評価方法と基準 中間課題(40%)、期末課題(40%)、出席点(20%)により評価する。(合計が60%以上で合格)
4回以上の欠席は不可とする。
オフィスアワー 各授業中
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目 実践英語Ⅱ
授業改善への工夫
その他 ・第一回目の授業には必ず出席すること。

・当授業に関しては、第一回目の授業までに履修登録した学生のみ履修可とする。つまり、修正申告期間内であっても、二週目以降に他授業から当授業に変更を希望する学生の履修は認めない。

・履修登録した学生以外(聴講生など)の受講も認めない。


・Make sure to attend the first meeting.

・A student who has previously attended a class and whose name appears on the class list even if it be within the period to make class alterations, will not be allowed to move to and from another class.

・No student who is not officially registered, will be allowed to join in any class period.

授業計画

キーワード 授業回ごとに設定したテーマに沿って、発話演習を行う。
Key Word(s) Communicative, Critical Thinking, Synonyms, Antonyms, Idioms, Tongue Twisters, Impromptu, Debate.
学習内容 1. Course Overview
Discovering the Power of Speech: What Communication Is and Its Importance
2. Vocabulary Enrichment
3. Increasing One's Vocabulary
4. Synonyms
5. Antonyms
6. Idioms
7. Idiomatic Expressions
8. Essentials of Public Speaking
9. Speaking Exercises: English Pronunciation & Tongue Twisters
10. What is a Debate
11. Developing Leadership Skills in Debate
12. Preparation for Groups Debate
13. Debate (first set of groups)
14. Debate (second set of groups)
15. Debate (third set of groups)

N.B. Auditing of class is not allowed. Once you have decided to enroll in the course and have attended the first meeting of the class, you are not allowed to drop the course and transfer to another class.
The instructor does not use Moodle nor has her own website. The course being one (1) unit, interaction and communication can be simplified and effectuated using the actual class time allocated for it. Please use the instructor's email address as provided herein for any clarification.
Attendance is considered a priority.
学習課題(予習・復習) 課題の詳細については、授業内で指示する。
ナンバリングコード(試行) EN-COMN-4

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University