三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・教職に関する科目
科目名 道徳教育
どうとくきょういく
Moral Education
受講対象学生 教育学部, A 類
他類の学生の受講可
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
~68 期生
卒業要件の種別 必修
授業科目名 道徳教育論
どうとくきょういくろん
Theory and Practice of Moral Education
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 火曜日 3, 4時限
開講場所

担当教員 井上兼一(非常勤講師)

INOUE Ken-ichi

学習の目的と方法

授業の概要 学校において展開される道徳教育について、その基本となる理論を修得し、実践における課題を理解する。また、道徳的指導力を身につけるために、本講義おいて道徳に関する諸概念の検討、道徳教育の理論や実践の歴史などを踏まえて、教育現場が直面している道徳的課題の検討と解決策を自ら考える。
学習の目的 道徳教育の意義や課題について、歴史的視野をもって俯瞰し、正しく理解する。また、道徳教育の課題解決のための視点や方策について主体的に考えることができる力を身につける。
学習の到達目標 教育課程・学習指導要領上における道徳の位置づけや重要性、学校における道徳指導上の課題を理解し、その解決のための手がかりを得ることができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  • ○共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 授業中に指示する。
参考書 適宜、授業中に紹介する。
成績評価方法と基準 レポート20%、期末試験80%(合計60%以上で合格)
オフィスアワー
受講要件 教室の収容能力や学習効果を考慮して80名を上限とし、それを越えた場合は受講制限を行なう。4年生(以上)、3年生、2年生の優先順で受講を許可していく。
受講制限を実施した場合は、第1回講義までに学務前掲示板、教室前、この講義の窓口担当である学校教育講座佐藤年明教授研究室前に受講許可者一覧を掲示する。
なお、当初の受講申請締切段階で80名に満たない場合はその旨を掲示して追加受講申請を受け付ける(佐藤年明教授宛てにメールのみでtsatou@edu.mie-u.ac.jp宛てに)。追加受講申請は先着順で、80名に達した時点で打ち切る。
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 道徳教育史
道徳性の発達
心の教育
Key Word(s) History of moral education
moral development
emotional control education
学習内容 1、はじめに(履修にあたって)
2、道徳、道徳教育とは
3、道徳教育の歴史(1)
4、道徳教育の歴史(2)
5、教育課程における道徳の位置づけ
6、学習指導要領の改訂と道徳
7、「道徳の時間」から「特別の教科 道徳」へ
8、道徳性の発達理論
9、道徳の指導計画および指導案
10、小学校における教育実践
11、中学校における教育実践
12、道徳教材・資料の活用
13、海外における道徳教育事情
14、現代における道徳教育の諸問題
15、まとめ
学習課題(予習・復習) 授業で扱う内容や紹介する文献について、主体的に読み深め、自ら理解する。
日頃から道徳に関する諸問題に関心をもち、その解決にどのような手立てが考えられるか、常に意識するよう心がけると良い。
教育改革の方針や『学習指導要領』の改訂など、政府・文部科学省の動向にも注目し、日頃から新聞などを読むように努めてもらいたい。
ナンバリングコード(試行) ED-EDUC-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University