三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 生物資源学部
受講対象学生 資源循環学科・農林生物学教育コース
学部(学士課程) : 2年次
選択・必修 選択必修
農業生物学プログラムの指定科目
授業科目名 フィールドサイエンスセンター農場実習Ⅰ
フィールドサイエンスセンターのうじょうじっしゅういち
Farm practice Ⅰ
単位数 1 単位
受講対象学生 生物圏生命科学科・陸圏生物生産学講座
平成26年度(2014年度)までの入学者カリキュラム名称
選択・必修 必修
講座必修
授業科目名 生理生態機能調節実習
せいりせいたいきのうちょうせつじっしゅう
単位数 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間
開講場所 農場

担当教員 奥田 均,長菅輝義,三島 隆,松井宏樹、塚田森生、伴智美

OKUDA, Hitoshi,NAGASUGA,Teruyoshi, MISHIMA, Takashi, MATSUI,Hiroki, BAN, Tomomi

学習の目的と方法

授業の概要 資料により授業項目の概要、例えば対象作物の特徴や生育、管理を説明し、その後、実践する形式をとる。理解の程度を測るためにテストやレポートを課す。
学習の目的 農作物の栽培と収穫物や副産物の加工に関する基本知識を学び実際の管理作業を習得する。具体的には水稲、畑作物、果樹、露地・施設野菜の栽培や作物保護、農産物加工について基礎的な管理(種類、時期、方法)を習得する。また、土壌診断、害虫群の生態調査、野菜類の自主栽培などを通じて、土、水、光をはじめとした周辺環境が生育に影響していることの理解を促す。農場実習Ⅰでは春から夏の栽培管理や加工を学習範囲とする。
学習の到達目標 ・果樹・作物栽培における適期の作業の概要を理解する。
・基本的な農機具の安全で効果的な扱いを習得する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実習

授業の特徴 グループ学習の要素を加えた授業 Moodle キャリア教育の要素を加えた授業

教科書
参考書 参考資料はmoodleで提供する
成績評価方法と基準 各項目の理解度評価(80%)とレポート(20%)
オフィスアワー 随時
受講要件 特になし
予め履修が望ましい科目 農作物生育制御概論
発展科目 卒業研究、フィールドを利用した科目
授業改善への工夫 レポート、アンケートの結果などをもとに必要な改善を実施する。
その他 教員免許・各種資格取得に関連した科目 (注 : 必ず入学年度の学習要項で確認してください)
環境教育に関連した科目
天候や作物の生育状況などで実習内容が変更になる場合がある。必要な情報の発信はMoodleを通じて行うので頻繁にアクセスしてください。
口蹄疫などの家畜伝染病への感染を予防するため海外渡航する際は実習担当教員に事前に相談してください。

授業計画

キーワード 栽培管理、ナシ、パッションフルーツ、アテモヤ、ウンシュウミカン、イネ、ジャガイモ、ダイズ、養液栽培、生育調査
Key Word(s) agricultural management,solution culture,plant growth investigation, japanese pear, satsuma mandarin,rice plant,potato,soybean
学習内容 第1回:ガイダンス
第2回:水稲の移植
第3回:羊の毛刈り
第4回:農作業の基礎
第5回:養液栽培基礎Ⅰ(土壌の物理性・化学性、葉菜類の特性)
第6回:ナシの摘果
第7回:亜熱帯果樹の管理Ⅰ(アテモヤなどの春の管理(定植、施肥・灌水)
第8回:バレイショの収穫・調整
第9回:養液栽培基礎Ⅱ(養液のpH,EC測定、成長観察、データ整理)
第10回:水稲の生育観察
第11回:ダイズの播種
第12回:水稲の幼穂発育の観察他
第13回:耕作地の昆虫群集の種構成調査
第14回:亜熱帯果樹の管理Ⅱ(パッションフルーツ受粉他)
第15回:養液栽培(基礎Ⅲ)(レポート発表)
第16回:レポート
学習課題(予習・復習) 必要に応じて事前に知っておくべき知識、情報に関する課題を課します。
ナンバリングコード(試行) BO-AGRI-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University