三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 国際交流センター(国際キャリアアップコース)
受講対象学生
選択・必修 その他
授業科目名 日本文化紹介B
にほんぶんかしょうかいB
introduction to japanese culture B
単位数 単位
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 金曜日 9, 10時限
開講場所

担当教員 新田貴士

NITTA, Takashi

学習の目的と方法

授業の概要 日本文化の中で、静と動を代表する物として、茶道と武術を取り上げる。それら2つの基本的な事柄を、実習を通じて、学び会得する。特に、各種の日本茶と護身術を取り上げる。
This class introduces you to "tea ceremony" and "martial arts" which represent "stillness" and "motion" in Japanese culture. You will obtain both knowledge and techniques through practices and discussions. It covers especially variety of Japanese tea and art of self-defense.
学習の目的 茶道と日本武術の基本的な事柄のうち、各種日本茶と護身術を、実習を通じて、学び会得する。
We learn basic styles of tea ceremony and actions of martial arts through practices and discussions.
学習の到達目標 茶道を学ぶ事で、まず各種日本茶を容れて、呑めるようになる。更に湯の音頭、点て方、茶の種類で、味が変わる事を実感できるようになる。
武術のうち、手解き、基本の体さばきを学ぶ。それにより、とっさの場合の護身に役立てる事を目標とする。
For the tea ceremony, we will make Maccha tea and drink it together. You will notice that the taste of the tea would depend on several factors such as temperature of hot water, kinds of tea powder and mixing technique. For Japanese martial arts, you will exercise basic motions and learn how to protect yourself against accidents.
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

静の茶道に、茶を通じての感性、コミュニケーション力の育成を求め,動の武術には、心身の健康、社会性の育成を目標とする。

授業の方法 講義 実習

授業の特徴 PBL グループ学習の要素を加えた授業 キャリア教育の要素を加えた授業

教科書
参考書 茶の本、岡倉天心、海南書房
成績評価方法と基準 実技に依る。 Practical valuation
オフィスアワー 月曜日12時から13時、新田研究室、教育学部
木曜日12時から13時、新田研究室、教育学部
Mondays, 12pm - 1pm, Nitta's Lab., Faculty of Education
Thursdays, 12pm - 1pm, Nitta's Lab., Faculty of Education
受講要件 特にない。 None
予め履修が望ましい科目
発展科目 日本文化紹介A Introduction To Japanese Culture A
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 茶道、武術
Key Word(s) tea ceremony, martial arts
学習内容 序論、茶道と武術の基本的内要
本論、
茶道、1。お茶の容れ方、2。部分稽古、3。茶器の意味、4。お手前実習
武術、1。基本の手解き、2。基本の体さばき、3。基本の当て身、4。棒、短棒基礎
結論、茶道と武術の関係

Introduction: Fundamental contents of Japanese tea and art of self-defense
Main issue
Japanese tea: 1.how to make Japanese tea, 2. techniques, 3.meaning of tea ceremony utensils, 4.the practice
Art of self-defense: 1. fundamental techniques 2. fundamental footwork 3. fundamental attack
4. Stick techniques
Conclusion: Relationship between tea ceremony and martial arts.
学習課題(予習・復習) 各回に指摘する。 Advised in the class
ナンバリングコード(試行)

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University