三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教育学部・教科に関する専門科目(A類)・国語
科目名 国文学
こくぶんがく
Japanese Literature
受講対象学生 教育学部, A 類

学部(学士課程) : 4年次
66 期生
67~69期生は「国文学演習・近代Ⅲ」で受講登録すること。
卒業要件の種別 選択必修
AⅡ類の国語教育コースは、国文学演習Ⅰ~Ⅵのうち1単位選択必修
授業科目名 国文学演習Ⅵ
こくぶんがくえんしゅうろく
A Seminar on Japanese Literature 6
単位数 1 単位
受講対象学生 教育学部, A 類

学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
67~69 期生
66期生は「国文学演習Ⅵ」で受講登録すること。
卒業要件の種別 選択必修
AⅡ類の国語教育コースは、国文学演習・古典Ⅰ~Ⅳおよび近代Ⅰ~Ⅳのうち1単位選択必修
授業科目名 国文学演習・近代Ⅲ
こくぶんがくえんしゅう・きんだいさん
A Seminar on Japanese Literature : Modern Literature 3
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講 他学部の学生の受講可, 他研究科の学生の受講可, 他専攻の学生の受講可
ただし、国文学演習Ⅵ(66期生)は他学部・他専攻の学生の受講を認めない。
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 月曜日 9, 10時限
開講場所

担当教員 和田 崇(教育学部)

WADA, Takashi

学習の目的と方法

授業の概要 明治後期の短編小説を題材とし、作品の分析方法を学ぶ。近代化が成熟しかけた日露戦争後の日本社会において、文学がどのように変わろうとしたのか。明治38年から44年に発表された小説を読み、作品と社会との連関や虚構と現実との関係性のなかで物語がどのように生起するかを考察する。
学習の目的 日本近代文学の基礎的な知識や研究方法を学び、精読と調査によって文学作品を分析し、その成果を他者に伝える能力を修得する。
学習の到達目標 文学作品の研究法を学ぶことにより、教材研究の視野を広げることができる。
根拠にもとづいた精度の高い読解力を修得できる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  •  専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  •  問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習

授業の特徴

教科書 紅野敏郎・紅野謙介・千葉俊二・宗像和重・山田俊治[編]『日本近代短篇小説選・明治篇2』(岩波文庫)
参考書 授業内で適宜提示する。
成績評価方法と基準 発表40%+討論への積極的参加度20%+レポート40%=計100%(合計60%以上で合格)
3分2以上の出席を要す。
オフィスアワー 時間:毎週月曜日と木曜日の昼休み
場所:国文学第1研究室(和田崇研究室)
受講要件
予め履修が望ましい科目 国文学概説,国文学講義・近代Ⅱ(国文学講義Ⅰ),国文学演習・近代Ⅰ(国文学演習Ⅰ)
発展科目
授業改善への工夫 発表やレポートだけでなく、司会として質疑応答を統括する能力や、意見や質問による授業への積極性も評価する。
その他

授業計画

キーワード 日本近代文学,明治後期
Key Word(s) Modern Japanese Literature, Late Meiji Era
学習内容 第1回…オリエンテーション(1)―授業計画・評価方法の確認―
第2回…イントロダクション(1)―日本近代文学研究におけるレジュメの作成方法―
第3回…イントロダクション(2)―日本近代文学研究におけるレポートの書き方―
第4回…オリエンテーション(2)―発表作品の選定―
第5回…イントロダクション(3)―明治後期の文学に関する基礎講義―
第6回…研究発表(1)―夏目漱石「倫敦塔」の分析―
第7回…研究発表(2)―田山花袋「一兵卒」の分析―
第8回…研究発表(3)―小栗風葉「世間師」の分析―
第9回…研究発表(4)―島崎藤村「一夜」の分析―
第10回…研究発表(5)―永井荷風「深川の唄」をの分析―
第11回…研究発表(6)―近松秋江「雪の日」の分析―
第12回…研究発表(7)―志賀直哉「剃刀」の分析―
第13回…研究発表(8)―小川未明「薔薇と巫女」の分析―
第14回…研究発表(9)―谷崎潤一郎「秘密」の分析―
第15回…まとめ
※上記は一例であり、履修者数に応じて課題作品や発表スケジュールを調整する。
事前・事後学修の内容 予習:次の授業までに指定されたテキストを読み、自分なりの読みや疑問点を整理し、発表者への質問を用意しておくこと。
復習:授業内で指摘された問題点を再調査し、レポートの精度を高めること。
ナンバリングコード(試行) ED-JLIT-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University