三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教育学部・教科に関する専門科目(A類)・国語
科目名 国文学
こくぶんがく
Japanese Literature
受講対象学生 教育学部, A 類
他類の学生の受講可
学部(学士課程) : 4年次
66 期生
67~69期生は「国文学演習・近代Ⅰ」で受講登録すること。
卒業要件の種別 選択必修
AⅡ類の国語教育コースは、国文学演習Ⅰ~Ⅵのうち1単位選択必修
授業科目名 国文学演習Ⅰ
こくぶんがくえんしゅういち
A Seminar on Japanese Literature 1
単位数 1 単位
受講対象学生 教育学部, A 類
他類の学生の受講可
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
67~69 期生
66期生は「国文学演習Ⅰ」で受講登録すること。
卒業要件の種別 選択必修
AⅡ類の国語教育コースは、国文学演習・古典Ⅰ~Ⅳおよび近代Ⅰ~Ⅳのうち1単位選択必修
授業科目名 国文学演習・近代Ⅰ
こくぶんがくえんしゅう・きんだいいち
A Seminar on Japanese Literature : Modern Literature 1
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講 他学部の学生の受講可, 他研究科の学生の受講可, 他専攻の学生の受講可
ただし、国文学演習Ⅰ(66期生)は他学部・他専攻の学生の受講を認めない。
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 月曜日 9, 10時限
開講場所

担当教員 和田 崇(教育学部)

WADA, Takashi

学習の目的と方法

授業の概要 近代日本の幻想文学を題材とし、作品の分析を試みる。抽象度の高い幻想文学について、典拠や寓意性を実証的に分析することで、作品の生成過程を考察する。
学習の目的 日本近代文学の基礎的な知識や研究方法を学び、精読と調査によって文学作品を分析し、その成果を他者に伝える能力を修得する。
学習の到達目標 文学作品の研究法を学ぶことにより、教材研究の視野を広げることができる。また、根拠にもとづいた精度の高い読解力を修得できる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  •  専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  •  問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習

授業の特徴

教科書 東雅夫編『日本幻想文学大全 幻妖の水脈』(ちくま文庫)
参考書 ・東雅夫『日本幻想文学大全 日本幻想文学事典』(ちくま文庫)
・須永朝彦『日本幻想文学史』(平凡社ライブラリー)
・ツヴェタン・トドロフ/三好郁朗訳『幻想文学論序説』(創元ライブラリ)
※その他は、授業内で適宜提示する。
成績評価方法と基準 発表40%+討論への積極的参加度20%+レポート40%=計100%(合計60%以上で合格)
3分2以上の出席を要す。
オフィスアワー 時間:毎週月曜日と木曜日の昼休み
場所:国文学第1研究室(和田崇研究室)
受講要件
予め履修が望ましい科目 国文学概説
発展科目
授業改善への工夫 発表やレポートだけでなく、司会として質疑応答を統括する能力や、意見や質問による授業への積極性も評価する。
その他

授業計画

キーワード 日本近現代文学,幻想文学
Key Word(s) Modern Japanese literature, Fantasy
学習内容 第1回…オリエンテーション(1)―授業計画・評価方法の確認―
第2回…イントロダクション(1)―日本近代文学研究におけるレジュメの作成方法―
第3回…イントロダクション(2)―日本近代文学研究におけるレポートの書き方―
第4回…オリエンテーション(2)―発表作品の選定―
第5回…イントロダクション(3)―幻想文学に関する基礎講義―
第6回…研究発表(1)―夏目漱石「夢十夜」の分析―
第7回…研究発表(2)―泉鏡花「高野聖」の分析―
第8回…研究発表(3)―佐藤春夫「女誡扇綺譚」の分析―
第9回…研究発表(4)―江戸川乱歩「押絵と旅する男」の分析―
第10回…研究発表(5)―葉山嘉樹「セメント樽の中の手紙」をの分析―
第11回…研究発表(6)―稲垣足穂『一千一秒物語』(抄)の分析―
第12回…研究発表(7)―久生十蘭「予言」の分析―
第13回…研究発表(8)―坂口安吾「桜の森の満開の下」の分析―
第14回…研究発表(9)―三島由紀夫「仲間」の分析―
第15回…まとめ
※上記は一例であり、履修者数に応じて課題作品や発表スケジュールを調整する。
事前・事後学修の内容 予習:次の授業までに指定されたテキストを読み、自分なりの読みや疑問点を整理し、発表者への質問を用意しておくこと。
復習:授業内で指摘された問題点を再調査し、レポートの精度を高めること。
ナンバリングコード(試行) ED-JLIT-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University