三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 人文学部法律経済学科・社会科学科
受講対象学生 法律経済学科専用
学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 憲法
けんぽう
Constitution (general provision, human rights)
単位数 4 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 月曜日 3, 4時限; 金曜日 7, 8時限
開講場所

担当教員 内野 広大

Uchino, Kodai

学習の目的と方法

授業の概要  憲法(constitution)は、あなたの外にあってあなたを都合よく救ってくれるものではない。そして崇拝する対象でもない。それは、ほかならぬ「あなた」という実存の場を通じて、限定され創造されていくものである。
 本講義では、憲法上の権利論及び憲法総論の領域において、このようにして創造されていく憲法の姿を見つめていくことにしたい。具体的には第一に、①我が国において「法の支配」がどのように展開してきたのかを考察する。その上で、丸刈り法の事案を手がかりとして、②憲法上の権利をどのようにして実現していくのか――いわゆる憲法訴訟――につき概説し、さらに③憲法上の権利の種類、内容及び限界――憲法上の権利論――を説明していく。第二に、以上の検討が深まることにより生じる問題を念頭に置きながら、憲法上の原理、とりわけ「法の支配」について考察を深めていく。
学習の目的 憲法上の権利の用い方を習得し、憲法を自己に引き付けて考える姿勢を涵養する。
学習の到達目標 ① 憲法上の権利の種類・内容・限界及び憲法訴訟論の骨格を知る。
② 憲法上の権利論の争点において、通説・判例がどのような立場に立つものであるのかを理解する。
③ 憲法上の権利論の領域において、基本的知識を身につけるとともに、初歩的な法的(憲法的)思考力を身につける。
④ 「評論家」としてではなく「当事者」として憲法に関わる姿勢を身につける。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 伊藤正己『憲法入門〔第4版補訂版〕』(有斐閣、2006年)
参考書 戸松秀典=初宿正典『憲法判例〔第7版〕』(有斐閣、2014年)
成績評価方法と基準 期末試験100%
オフィスアワー 毎週火曜日10:30~12:00を指定しますが、講義後に直接質問いただいても結構ですし、オフィスアワー以外の時間帯にもメールで予約のうえ研究室に来室し質問くださっても結構です。
受講要件
予め履修が望ましい科目 教養教育科目の日本国憲法
発展科目
授業改善への工夫 アンケートを複数回実施し、その結果をもとに改善点を探るとともに、講義中に具体的な質問を行い、改善点を探る。
その他 講義レジュメに予習課題を明示するようにしますので、予習課題を考えてから講義に臨むようにしてください。

授業計画

キーワード 自己  法の支配  憲法上の権利  違憲審査制  
Key Word(s) Self, Rule of Law, Constitutional Rights, Constitutional Review 
学習内容 第1回 はじめに――憲法上の権利論・憲法総論を学ぶにあたって

第1部 憲法上の権利論

① 我が国における「法の支配」の展開
第2回 日本憲法史――「法の支配」の展開

② 憲法訴訟の基本  概ね次の順序で憲法訴訟を俯瞰する。
第3回 付随的違憲審査制の基本
第4回 憲法的思考の基本と憲法訴訟

③ 個別の権利  概ね次の順序で各権利の内容・限界及び違憲審査基準を説明する。
第5~第7回 思想・良心の自由
第8~第10回 信教の自由
第11回 政教分離原則
第12~第16回 表現(言論・出版)の自由
第17回 問題演習
第18~第20回 経済活動の自由
第21~第22回 幸福追求権
第23回 プライバシー権
第24回 人身の自由

④ 意義と通則  憲法上の権利を享有する主体、憲法上の権利の名宛人等につき説明する。
第25~第27回 「憲法上の権利」通則

第2部 憲法総論
第28~第30回 憲法総論
学習課題(予習・復習) あなたの目の前に丸刈り校則に真摯に反対している友人がいると想定してください。①あなたが丸刈り校則に反対することは許されないことだと考えるのならば、どうして許されないのか、あるいは、②あなたが丸刈り校則に反対することは許されることだと考えるのならば、どうして許されるのか、についてそれぞれ自らの心に尋ね、心に生じたものを生活の処々で検証し、目の前の友人に語りかけるべき言葉を紡ぎだしてください。
ナンバリングコード(試行) HU-PULA-1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University