三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教養教育・教養統合科目・地域理解・日本理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次
選択・必修
授業科目名 地域防災論
ちいきぼうさいろん
Regional Disaster Prevention
授業テーマ 三重県の防災と復興
単位数 2 単位
分野 自然 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 月曜日 9, 10時限
開講場所

担当教員 宮岡邦任(教育学部),立花義裕(生物資源学研究科),葛葉泰久(生物資源学研究科),酒井俊典(生物資源学研究科),栗原行人(教育学部),塚本明(人文学部),水木千春(地域圏防災・減災研究センター),大野研(教養教育機構),服部由佳(医学系研究科),溝口明(医学系研究科),丸山一男(医学系研究科)

MIYAOKA Kunihide, TACHIBANA Yoshihiro, KUZUHA Yasuhisa, SAKAI Toshinori, KURIHARA Yukito, TSUKAMOTO Akira, MIZUKI Chiharu, ONO Ken, HATTORI Yuka, MIZOGUCHI Akira, MARUYAMA Kazuo

学習の目的と方法

授業の概要 三重県を中心に東海地方において,近年多発している自然災害や,今後起こり得る自然災害について,発生のメカニズム,従来の災害の歴史,自治体や地域における対策,復興・復旧,被災地支援や被災地における保健・医療・介護・福祉といった幅広い情報と知識の涵養が必要である。本講義では,さまざまな分野において地域における防災・減災に関わる専門家から,これからの学生生活や社会生活の中で最低限必要な事項について講義を行う。
学習の目的 三重県や東海地方の自然的,社会的,人文的特徴を踏まえながら,地域の種々の条件に合致した防災・減災の在り方を考えることができることを目的とする。また,一つの分野に留まらず,学際的に広い視野を持って,地域に貢献できる防災・現在に関わることにできる人材に育つための足がかりとしての意識を持って貰う。
学習の到達目標 三重県および東海地方の防災・減災について,正しい知識と高い意識を持つことを目標とする。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 グループ学習の要素を加えた授業

教科書 教科書は使用せず,適宜資料を配付する。
参考書 講義内で紹介する。
成績評価方法と基準 グループディスカッション100%,
オフィスアワー 授業代表の宮岡が窓口となります。
毎週火曜日18:00~19:30 教養教育1号館412号室
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫 グループディスカッションを複数回実施することで、理解が深められるようにしている。
その他

授業計画

キーワード 三重県,災害,防災,復興
Key Word(s) Mie prefecture, disaster, disaster prevention, recovery
学習内容 以下の内容について,それぞれの専門分野の教員が,専門の立場から地域防災についての講義を行う。
また2~3回程度のグループディスカッションを行う。

地理的要因からみた災害
気象
風水害
地盤・土砂
地質
啓発(建築物)
災害史
啓発(防災マップ,GIS,アーカイブ)
景観(復興まちづくり)
要配慮者対策
阪神淡路大震災の体験
救急救命
事前・事後学修の内容 授業後,各自の身の回りや居住している地域に置き換えて,防災を考える上でどのような考え方や行動が必要かを考えるように心がけること。
ナンバリングコード(試行) LIDIPR1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University