三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 人文学部文化学科
受講対象学生 2012年度以降入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 中国の文学D
ちゅうごくのぶんがくでぃー
Chinese Literature D
単位数 2 単位
受講対象学生 2011年度以前入学生用(文化)
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 中国の文学D
ちゅうごくのぶんがくでぃー
Chinese Literature D
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 金曜日 7, 8時限
開講場所

担当教員 花尻奈緒子

HANAJIRI, Naoko

学習の目的と方法

授業の概要  新興社会主義国家から経済大国へと変貌をとげた中国、その転換点である八〇~九〇年代に焦点をあてる。
 「十年の災厄」と呼ばれるプロレタリア文化大革命が収束したあと、経済・社会構造・学術・テクノロジー等の面で、中国社会は大きな転換点を迎えた。そこに立った中国知識人たちは、社会変革に伴い発生する矛盾をテーマに議論を戦わせたが、ある者は斬新な方法を採り、ある者は伝統に立ち返った。
 本講義は、「中国知識人」「民間文化」「脱政治」をキーワードに、主に文学研究者にスポットをあてて、文化大革命以降の重要な論争・運動、文学作品に関わる作品・評論等を通して、中国現代文学史の枠組の変革について考察する。回によっては映像も使用する。
学習の目的 文化大革命以降の中国文学のあゆみをまず知識として把握し、イデオロギー/脱イデオロギーの文学・文学史との関わりを理解したうえで、自身の興味に関連して論じられるようになる。
学習の到達目標 文学関連の論文・資料および作品を通して、多角的視点から問題を認識・表現できるようになる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  • ○実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 能動的要素を加えた授業

教科書 授業時に指示する。
参考書 授業時に指示する。
成績評価方法と基準 受講時の取り組み50%、レポート50%、計100%。(合計が60%以上で合格)
オフィスアワー 在室時は可
受講要件 積極的態度で受講すること。この授業は、国語科教員免許の漢文学に該当します。
予め履修が望ましい科目 異文化理解Ⅰ(中国語)abおよび中国関連科目
発展科目 中国文学演習C・Dおよび中国関連科目
授業改善への工夫 自主的にリサーチを行えるよう、予習を前提とした資料を配付する。
その他

授業計画

キーワード 中国近現代文学、中国近現代文学史、モダナイゼーション、モダニズム、知識人、民間文化
Key Word(s) Chinese Modern and Contemporary Literature, Chinese Modern and Contemporary Literary History, Modernization, Modernism, Intellectuals in China, Folk Culture
学習内容 第1回 ガイダンス
第2回 文化大革命 ~十年の大混乱~
第3回 文革中の文学 ~革命一直線~
第4回 尋根文学 ~知識青年の青春~
第5回 文化熱と『河殤』 ~黄河文明、捨てませんか~
第6回 文学史叙述の変革 ~書き直せ文学史~
第7回 五四激進主義批判 ~文芸に向かない言語?~
第8回 改革・開放と南巡講話 ~赤い提灯に点る灯~
第9回 人文精神討論① ~知識人たちの焦り~
第10回 実読・人文精神討論 ~許しません拝金主義~
第11回 人文精神討論② ~僕らが生きる道~
第12回 民間文化の再提起① ~自由を求める知識人~
第13回 民間文化の再提起②
第14回 香港・台湾文学と中国文学 ~別会社?支店?~
第15回 総括
学習課題(予習・復習) 前週に配布される教材・指示される作品(日本語翻訳でよい)などを読んでおくこと。
中国語の日本語訳を課題にすることがあります。
ナンバリングコード(試行) HU-ASOC2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University