三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教育学部・教科に関する専門科目(A類)・国語
科目名 国文学
こくぶんがく
Japanese Literature
受講対象学生 教育学部, A 類
他類の学生の受講可
学部(学士課程) : 4年次
66 期生
67~69期生は「国文学講義・近代Ⅱ」で受講登録すること。
卒業要件の種別 選択必修
国語教育コースの選択必修科目
授業科目名 国文学講義Ⅰ
こくぶんがくこうぎいち
Lecture on Japanese LiteratureⅠ
単位数 2 単位
受講対象学生 教育学部, A 類
他類の学生の受講可
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
67~69 期生
66期生は「国文学講義Ⅰ」で受講登録すること。
卒業要件の種別 選択必修
国語教育コースの選択必修科目
授業科目名 国文学講義・近代Ⅱ
こくぶんがくこうぎ・きんだいに
A Lecture on Japnese Literature : Modern Literature 2
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講 他学部の学生の受講可, 他研究科の学生の受講可, 他専攻の学生の受講可
ただし、国文学講義Ⅰ(66期生)は他学部・他専攻の学生の受講を認めない。
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 月曜日 7, 8時限
開講場所

担当教員 和田 崇(教育学部)

WADA, Takashi

学習の目的と方法

授業の概要 現在までに日本の近代文学研究で導入されてきたさまざまな批評理論を学び、それを作品分析に応用する力を身に付ける。〈読み〉の多様性を重視した近年の国語教育との連関を踏まえた上で、多角的な視点で作品を読解することの意義を考える。
学習の目的 批評理論に関する基礎的な知識を学ぶ。
学習内容を教材研究に関連づけて、作品の表現や内容を主体的に探究する力を身につける。
学習の到達目標 作品をさまざまな方法論で読み解き、それを文学教材の分析に応用できるようになる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  •  問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 河野龍也・佐藤淳一・古川裕佳・山根龍一・山本良編著『大学生のための文学トレーニング近代編』(三省堂)
参考書 ・西田谷洋『学びのエクササイズ文学理論』(ひつじ書房)
・ピーター・バリー(高橋和久訳)『文学理論講義:新しいスタンダード』(ミネルヴァ書房)
・真銅正宏『小説の方法:ポストモダン文学講義』(萌書房)
※その他は授業内で適宜提示する。
成績評価方法と基準 授業への積極的参加度50%+期末試験50%=計100%(合計60%以上で合格)
3分2以上の出席を要す。
※履修者数に応じて別途課題・発表を課し、その評価は「授業への積極的参加度」に含む。
オフィスアワー 時間:毎週月曜日と木曜日の昼休み
場所:国文学第1研究室(和田崇研究室)
受講要件 ・国文学概説を履修済であること。
・初回講義を無断欠席した者は受講を認めない。
予め履修が望ましい科目 国文学概説
発展科目 国文学講義・近代Ⅳ(国文学講義Ⅵ),国文学演習・近代Ⅲ(国文学演習Ⅵ)
授業改善への工夫 受講者の理解力を高めるために、解説と課題の時間をバランスよく配分する。
その他 教科書を購入しない者は単位を認定しない。

授業計画

キーワード 日本近代文学、批評理論
Key Word(s) Modern Japanese Literature, Literary Theory
学習内容 第1回…イントロダクション―文学理論と〈読み〉の多様性―
第2回…テキストクリティーク―夏目漱石「坊っちゃん」―
第3回…流動する決定稿―井伏鱒二「山椒魚」―
第4回…作品と典拠―芥川龍之介「舞踏会」―
第5回…文学と挿絵―谷崎潤一郎「蓼喰ふ蟲」―
第6回…テクスト生成論のまとめ
第7回…概念としての作者―志賀直哉「小僧の神様」―
第8回…語り手と視点―国木田独歩「鎌倉婦人」―
第9回…異性の語り手―太宰治「千代女」―
第10回…語りの現在と物語の現在―佐藤春夫「女誡扇綺譚」―
第11回…ナラトロジーのまとめ
第12回…読者の位相―森鷗外「舞姫」―
第13回…都市と文学―田山花袋「少女病」―
第14回…作品の時空間―石川淳「焼跡のイエス」―
第15回…カルチュラル・スタディーズのまとめ
第16回…試験
事前・事後学修の内容 毎回の授業時に指示する作品を必ず読んでおくこと。
テキストを用意しなかったり読んで来ない受講者には単位を認定しない。
ナンバリングコード(試行) ED-JLIT-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University