三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養基盤科目・キャリア教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修 選択
授業科目名 ピアサポート実践
ぴあさぽーとじっせん
Peer Support Practicum
授業テーマ ピアサポート実践
単位数 2 単位
分野 社会 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 金曜日 9, 10時限
開講場所

担当教員 森 浩平(学生総合支援センター)

学習の目的と方法

授業の概要 ・多様な環境と可能性を持つ者同士が相互に尊重し合うことが求められる今の社会において自己・他者を尊重する姿勢を学ぶことで社会人としての姿勢の獲得を目指す。
・さらに大学を一つの社会に見立て、学内に存在する多様な支援資源を最大限に活性化させ、相互に支援し合う取り組み(ピアサポート活動)を通して相互支援の姿勢を実践する。
学習の目的 ・三重大学学生支援方針をもとに、相互尊重と他者支援の基本的な考え方を理解することができる。
・現在ある資源を活用し、相互に支援し合うシステムを構築する姿勢を身につけることができる。
・そのために必要な行動力、思考力、調整力を発揮することができる。
学習の到達目標 ・三重大学学生支援方針をもとに、相互尊重と他者支援の基本的な考え方を説明することができる。
・学内に現在ある資源を活用し、相互に支援し合うシステムを構築する考えを提案することができる。
・三重大学学生支援方針の考え方を理解し、その視点から大学における学生支援活動として自分たちにできる取り組みを実践することができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  • ○共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習

授業の特徴 PBL キャリア教育の要素を加えた授業

教科書 教科書は使用しない。
参考文献は適宜紹介する。
参考書 参考文献は適宜紹介する。
成績評価方法と基準 Moodle課題提出25%、グループ課題40%、活動への参加度35%により総合的に判断する。
オフィスアワー 水曜15:00-16:00
受講要件 平成27年度以前の入学者については、「スタートアップセミナー」および「キャリアプランニング」を履修済み、または履修中であること。
予め履修が望ましい科目 スタートアップセミナー、キャリアプランニング
発展科目 各種キャリア教育科目
授業改善への工夫 学生のコメントおよび授業アンケートをもとに改善に努めます。
その他 キャリア・ピアサポーター資格教育プログラム初級の選択科目(キャリア実践科目)の一つです。
2月に実施予定をしているアカデミックフェアで成果を発表します。

授業計画

キーワード 相互支援、ピアサポート
Key Word(s)
学習内容 1.
大学コミュニティ全体を対象として、今ある資源を最大限に活用して相互に支援するという考え方についての講義。

2.
受講生と同じ三重大生(仲間)の学生生活への適応や資質向上に寄与すると考えられる「ミニシンポジウム」企画をグループで検討・実施する。

3.
具体的には、「テーマの選定」「テーマに沿ったシンポジストの選出や依頼」「各話題提供やディスカッションの内容についての検討」「シンポジウム実施時の役割分担」「広報」等の作業を含む。
学習課題(予習・復習) 毎回の授業に積極的に参加すること。
また、授業ではグループワークが主となるため、グループのメンバーに迷惑をかけるような行為(遅刻、欠席、非協調的な態度など)は慎むこと。
ナンバリングコード(試行) LICAED1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University