三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養統合科目・地域理解・日本理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修 選択
授業科目名 日本文学C
にほんぶんがくしー
Japanese literature C
授業テーマ 戦争と文学
単位数 2 単位
分野 人文 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開放科目 開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 火曜日 1, 2時限; 木曜日 9, 10時限
火曜日1・2時限、木曜日9・10時限は、いずれも同一内容の講義。
開講場所

担当教員 坂 堅太

SAKA KENTA

学習の目的と方法

授業の概要 戦争が日本社会にどのような影響を与えたか、文学はそれらをどのように描いてきたかを概観する。
学習の目的 日本近代文学の作品を読解する力を身につける。
作品の描かれた歴史的・社会的背景を知り、現代社会に対する批判的視座を構築する。
学習の到達目標 文学研究の基礎的な知識を獲得する。
作品の描かれた歴史的・社会的背景を知り、現代社会に対する批判的視座を構築する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  •  問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 適宜プリントを配付する。
参考書 別途指示する。
成績評価方法と基準 小レポート30%、期末レポート70%。
オフィスアワー 水曜日12~13時、場所:研究室
受講要件 特になし。
予め履修が望ましい科目 特になし。
発展科目 特になし。
授業改善への工夫 授業中の私語は厳禁。
その他 このクラスは開放科目なので、人文学部1年生は共通教育科目として履修できません。授業中に私語をして注意されると、その時点で単位は不可。

授業計画

キーワード 戦争と文学
Key Word(s) General theory of the postwar Japanese literature
学習内容 テーマごとに作品を取り上げ、そこに描かれた戦争のイメージを分析する。

【授業計画】
第1回:イントロダクション
第2回:「焼跡」に立つ:野坂昭如「火垂るの墓」を読む(1)
第3回:「焼跡」に立つ:野坂昭如「火垂るの墓」を読む(2)
第4回:「戦後」の出発:高見順「貝割葉」を読む(1)
第5回:「戦後」の出発:高見順「貝割葉」を読む(2)
第6回:「兵士」となること:野間宏『真空地帯』と棟田博『拝啓天皇陛下様』(1)
第7回:「兵士」となること:野間宏『真空地帯』と棟田博『拝啓天皇陛下様』(2)
第8回:「復員」をめぐって:井伏鱒二「遥拝隊長」を読む(1)
第9回:「復員」をめぐって:井伏鱒二「遥拝隊長」を読む(2)
第10回:朝鮮戦争と戦後日本:武田泰淳「女の部屋」を読む(1)
第11回:朝鮮戦争と戦後日本:武田泰淳「女の部屋」を読む(2)
第12回:「占領」の経験:松本清張「黒地の絵」を読む(1)
第13回:「占領」の経験:松本清張「黒地の絵」を読む(2)
第14回:「原爆」を描く:林京子『ギヤマン ビードロ』を読む(1)
第15回:「原爆」を描く:林京子『ギヤマン ビードロ』を読む(2)
学習課題(予習・復習) 授業で扱うテクストは必ず事前に読んでくること。
ナンバリングコード(試行) LIJLIT1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University