三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 医学系研究科(修士課程・博士前期課程)看護学専攻
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次
選択・必修 必修
授業科目名 母性看護・助産学対象論 Ⅱ
ぼせいかんご・じょさんがくたいしょうろん に
Maternal Nursing & Midwifery Ⅱ
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講 自専攻の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 金曜日 11, 12時限
開講場所 共同利用研究室403室、新小田研究室、もしくは助産実習室。事前に確認を要する。

担当教員 新小田春美(医学系研究科看護学専攻)、大林陽子(医学系研究科看護学専攻)

SHINKODA Harumi, OBAYASHI Yoko

学習の目的と方法

授業の概要 ライフサイクル各期の女性とその家族を対象に、リプロダクテイブヘルス/ライツの側面を中心として、健康生活上の課題を系統的かつ科学的にアセスメントし、援助するための理論を学習・探究する。また、看護職として自立して役割を遂行するための方策を、総合的な視点に立って探究する。
  
学習の目的 ライフサイクル各期の女性やその家族のもつ健康問題について、女性の特徴、家族の発達過程の特徴、および社会環境の影響をふまえて学習しする。母性看護・助産の役割と今後の課題についての知識を得る。
取り組む研究テーマの対象特性を把握し、研究の概念枠組みを構築できるようになる。特に生体リズムの理解を深めることによって、前述の課題解決の糸口をつかむ。
学習の到達目標 1.取り組む研究テーマの対象特性を把握し、研究の概念枠組みを構築するための文献にもとづき、レビューできる。
2.取り組む研究対象の特徴を把握するために、フイールド調査行い、実態を把握できる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

テキストの単元を分担し、輪読や、その関連文献検索を行い、理解を深めるためグループ討議。power pointによるプレゼンテーション形式で、主体的な取り組みで進めていくので、事前学習が欠かせない。

授業の方法 講義 演習 実技

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業

教科書 テキスト:①本間研一,本間さと,広重力 著、生体リズムの研究 Biological Rhythms 北海道大学図書刊行会 ②神山潤 著、健康を育む「ねむり」の科学 睡眠の生理と臨床 改訂第3版 ③谷池雅子編集、日常診療における子どもの睡眠障害、株式会社診断と治療社
参考書 各自の研究テーマに合わせて、参考図書を検討する。

大川匡子他:生活習慣病リスクと睡眠 医歯薬出版株式会社
成績評価方法と基準 講義の出席・参加状況、プレゼンテーション・課題提出状況と内容をもとに総合的に評価する。
オフィスアワー
受講要件  参考図書などを用いて、生体リズムに関する基礎学習を並行して行う。
予め履修が望ましい科目 看護研究法、母性看護・助産学対象論Ⅰ
発展科目 母性看護・助産学援助論Ⅱ、看護学特別研究
授業改善への工夫 学生による授業評価、学生の面談をもとに教授方法や内容を検討し、改善する。
その他

授業計画

キーワード 育児支援、父親役割、周産期、養育環境、発達課題、乳幼児、生体リズム、助産ケア
Key Word(s) Child care support, Father's role, Perinatal nurture environment, Developmental problems, Infant and Toddler, Chronobiology rhythm, Midwifery care
学習内容 1.ガイダンス(授業の目的・進行の説明、課題の提案)
2-3.研究テーマに基づく対象理解のための文献レビュー
4-6.プレゼンテーション
7-12.対象ケアにかかわる問題解決方法に関する文献レビュー
9-10.概念枠組みの検討、発表
11-13.研究プロトコールに従って、パイロットスタディに向けた準備
14-15.フイールドの参与観察と、2~3例の対象プレインタビューによる検証など、発表
学習課題(予習・復習) 読むべき文献:
 伊藤景一、北素子監訳:質的研究と量的研究のエビデンスの統合
 ヘルスケアにおける研究・実践・政策への活用 医学書院

 修士論文で取り扱う興味・関心のあるテーマに関する文献は、熟読の
 こと。
ナンバリングコード(試行) MD-N-MAT 5

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University