三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 生物資源学研究科(博士後期課程)生物圏生命科学専攻
受講対象学生 大学院(博士課程・博士後期課程) : 1年次, 2年次, 3年次
選択・必修 選択
授業科目名 食品物性変換要論
しょくひんぶっせいへんかんようろん
Modification of Food Consistency
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講 他専攻の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間
開講場所

担当教員 岡垣 壮、大井淳史(生物資源学研究科生物圏生命科学専攻)

Tsuyoshi Okagaki, Atsushi Ooi

学習の目的と方法

授業の概要 家畜や魚類の筋細胞はATPのエネルギーを循環利用してくり返し収縮するが,この細胞におけるATPの生産や消費の機構におけるタンパク質線維が示す物性の,循環利用や変換への応用を学習する.
学習の目的
学習の到達目標 タンパク質の構造と物性が生理機能におよぼす効果について学習する.またタンパク質を人為的に変異させることによって期待される効果について学習する.タンパク質工学的技術による変異タンパク質の作成,さらにそれらを解析するための物理化学的は測定技術などについて理解する.
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  • ○実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 特に指定はしない,時々論文のコピーを配付
参考書
成績評価方法と基準 輪読時の評価80%、レポート20%
オフィスアワー 水曜日,午後1時ー5時,734室
受講要件 なし
予め履修が望ましい科目 生物物性学特論、生物物性学演習
発展科目 なし
授業改善への工夫 近年この分野は急速に進歩しているので最新の論文の内容を追加した.
その他

授業計画

キーワード 大腸菌発現系,トランスグルタミナーゼ,グルコン酸,タンパク質の変性,粘弾性
Key Word(s) bacterial expression system, transglutaminase, gluconic acid, denaturation of protein, viscoelastisity
学習内容 ◯大腸菌の発現系と発現タンパク質の精製,                                ◯アフィニティークロマトグラフィーおよび疎水性クロマトグラフィーの利用,              ◯タンパク質の水和とグルコン酸,                                       ◯粘弾性の測定とレオメーター,                                        ◯タンパク質変性ゲルの粘弾性,                                        ◯アクトミオシンゲルとトランスグルタミナーゼ,                               ◯CD(円偏光二色性)測定,                                          ◯熱測定(カロリメトリー)
これらのテーマに関する授業を15回おこないます。
学習課題(予習・復習) あらかじめ論文やテキストのコピーを配布するので、それをもとに予習しておくこと。
ナンバリングコード(試行) BO-FISH-6

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University