三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 地域イノベーション学研究科(博士後期課程)
受講対象学生 大学院(博士課程・博士後期課程) : 1年次
選択・必修 選択
授業科目名 地域新創造特論Ⅴ
ちいきしんそうぞうとくろんご
Regional Development Ⅴ
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講 他研究科の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

通年

開講時間
開講場所

担当教員 小林一成,奥村克純

KOBAYASHI Issei,OKUMURA Katsuzumi

学習の目的と方法

授業の概要 「植物科学」における先端研究の詳細を解説し、考察を求めることで、当該分野の最先端の専門知識を駆使した研究開発ができる能力の養成を目指す。具体的には、食料としてのみならず、エネルギー源としての重要性がますます高まりつつある植物に関する最近の研究動向と、ゲノム科学の進歩との融合により急速に進展している植物の細胞機能や発生・成長に関する理解の現状について最近の学術論文を題材に解説を行う。また、「植物科学」と「ゲノム科学」の融合により行われている学際研究が、食料・エネルギー・地球環境などの諸問題を解決するための応用研究にも発展しつつある現状を詳説する。本特論では、植物分子細胞生物学の分野における最前線の研究を理解するために、最新の論文を材料として取り上げ、その内容に関する議論を行う。
学習の目的 植物の細胞機能や発生・成長に関する最新の論文を読みこなし、植物バイオサイエンスの最前線の研究を理解する力をつける。さらに、幅広い分野の研究領域との融合により新たな技術開発につなげていく方法論を「植物科学」を起点とした視点で考察することをPBL形式で指導することで、バイオサイエンス分野で総合的な学際研究を行っていくための基礎能力を身に付けさせる。
学習の到達目標 最新の植物分子細胞生物学の研究手法・研究動向を理解する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 PBL

教科書 必要に応じ担当教員から指示する。
参考書
成績評価方法と基準 レポート(50%)、議論への参加状況(50%)計100%。
これらを総合して判定する。
オフィスアワー 時間:毎週月曜日9:00~10:30(会議等で不在の時を除く。)
場所:小林教員室(遺伝子実験施設3階、310室)
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他 (本学の教育目標との関連)
「感じる力」=30%、「考える力」=30%、「生きる力」=10%、「コミュニケーション力」=30%

授業計画

キーワード 環境ストレス応答・植物免疫応答・植物分子生物学
Key Word(s) Environmental Stress Responses,Plant Immune Responses,Plant Molecular Biology
学習内容 第1回 植物の免疫応答とそのシグナル伝達の分子機構Ⅰ
第2回 植物の免疫応答とそのシグナル伝達の分子機構Ⅱ
第3回 植物の免疫応答とそのシグナル伝達の分子機構Ⅲ
第4回 植物の免疫応答とそのシグナル伝達の分子機構Ⅳ
第5回 植物の免疫応答とそのシグナル伝達の分子機構Ⅴ
第6回 植物の環境応答とそのシグナル伝達の分子機構Ⅰ
第7回 植物の環境応答とそのシグナル伝達の分子機構Ⅱ
第8回 植物の環境応答とそのシグナル伝達の分子機構Ⅲ
第9回 植物の環境応答とそのシグナル伝達の分子機構Ⅳ
第10回 植物の環境応答とそのシグナル伝達の分子機構Ⅴ
第11回 植物ホルモンとそのシグナル伝達の分子機構Ⅰ
第12回 植物ホルモンとそのシグナル伝達の分子機構Ⅱ
第13回 植物ホルモンとそのシグナル伝達の分子機構Ⅲ
第14回 植物ホルモンとそのシグナル伝達の分子機構Ⅳ
第15回 総括
学習課題(予習・復習) 関連分野における最新の総説を題材として関連論文に関する講義、輪読、討論を行う。特に植物科学分野における以下のトピックを取り上げることとする。
(1) 植物の免疫応答
(2) 植物の環境応答
(3) 植物ホルモンの機能
ナンバリングコード(試行) RNEW6

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University