三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養統合科目・地域理解・日本理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修 選択
授業科目名 日本理解特殊講義S
にほんりかいとくしゅこうぎ えす
Lecture Course in Understanding Japan S
授業テーマ 地域の仕事を知る
単位数 2 単位
分野 人文, 社会 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 月曜日 7, 8時限
開講場所

担当教員 ○西村訓弘、矢野竹男(以上、地域イノベーション学研究科)、狩野幹人、八神寿徳、加藤貴也(以上、地域イノベーション推進機構、地域イノベーション学研究科)

〇NISHIMURA, Norihiro, YANO, Takeo, KANOU, Mikihito, YAGAMI, Hisanori, KATO, Takaya

nishimura.norihiro@mie-u.ac.jp

学習の目的と方法

授業の概要 高度成長期、バブル期を終え今日の日本社会においては、人口減少、少子高齢化、グローバル化、地方創生など様々なキーワードがある。そのような背景の中、三重県内には可能性が高く、活力に満ち、力強く事業を展開する企業や団体が数多く存在している。本授業では、それら企業の経営者(社長クラス)や団体の代表をゲストスピーカーとして順次招聘し、主に三重県を足場としてグローバルに展開した事業内容を解説いただくとともに、経営者(または代表)の立場から大学で学ぶ学生に期待することを語ってもらう。その生の声を聴き、自分の感覚で経営者の生きざまを感じ取ることで、「地域社会および働くことを通した自己形成」について自ら考える機会を与える。
学習の目的 地域社会の中核人材として活躍する人材になるために必要な素養(感じる力、考える力、コミュニケーション力、生きる力)について理解できるようになる。
仕事を通じた自己形成ができる人材になるために、地域で活躍するゲストスピーカーの事業やキャリア形成の解説を聞き、自分自身について考えられる力を身に付ける。
学習の到達目標 企業の経営者や地域事業を行う代表者たちとの対話から、企業への就職や社会生活を通した自己実現(キャリア形成)について熟慮できる能力を養成する。大学卒業後に社会人として生きるための基礎力を磨く。また、現在の地域社会に必要なキャリア形成について、高度成長期、バブル期との相違を説明できるようになる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 キャリア教育の要素を加えた授業

教科書 なし
参考書 各回の講義において、必要な参考資料を配布する。
成績評価方法と基準 出席票(各講義についての感想を記述)50%、レポート(50%)によって評価する。
オフィスアワー 地域イノベーション学研究科(059-231-5405)まで問い合わせのこと。
担当:田口、加藤
受講要件 地域社会現状や仕事を通じたキャリア形成に関心の高い学生であることが望ましい。
予め履修が望ましい科目 第一回目の講義(ガイダンス)の際に、ゲストスピーカー(地域の経営者など)のリスト、所属企業、団体等の情報を提示する。事前にスピーカーや所属の情報について調べ関心を高めることで、より充実した講義内容となる。
発展科目 社会連携型実践
授業改善への工夫 毎回の講義において感想文を学生から提出させ、その内容を考慮した改善を行うことを計画している。
その他 こちらは教育統合科目としての科目です。キャリア科目として履修する場合はそちらを履修して下さい。

授業計画

キーワード 経営者との対話からキャリア形成を考える
Key Word(s) community and works, career-developmen
学習内容 本講義では、三重県内など地域社会の現場での活躍している経営者などをゲスト・スピーカーとして招聘し、ゲスト・スピーカーの活動内容、考え方を生の声として語っていただく。その後、担当教員が解説しながら地域社会で活躍するための考え方をゲストスピーカーとの対話、学生との質疑を通して指導する。

第1回 地域の現状と就職を通した自己実現、キャリア形成について(担当:西村)

第2回~第14回 地域の経営者や事業の代表者に聞く
 (担当:ゲストスピーカーとして招聘する地域の企業経営者など)
三重県内など地域社会の現場での活躍している経営者などをゲスト・スピーカーとして招聘し、ゲスト・スピーカーの活動内容、考え方を生の声として語っていただく。その後、担当教員を交えてスピーカーとの質疑応答など意見交換を行う。

第15回 就職とキャリア形成のまとめ (担当:西村)

各回の授業終了時に提出するレポートでは、授業における習熟度を把握するために、ゲストスピーカーのお話を受けて自身が感じ取った「社会で働くこと」についての考えを自分の言葉としてまとめ、提出する。また、講義全体のレポートしては、各スピーカーの中から心に残った講師を3名挙げ、なぜその講師の話を聞いて心に残ったかについての説明と、その結果として自分自身の自己実現やキャリア形成に対してどのような影響を与えたかを問うことを予定している。
学習課題(予習・復習) (予習)第一回目の講義(ガイダンス)の際に、ゲストスピーカー(地域の経営者など)のリスト、所属企業、団体等の情報を提示します。事前にスピーカーや所属の情報について調べ関心を高めることで、より充実した講義内容となります。その調べた情報を基にゲストスピーカーの講演を聞き、その後の質疑応答へ積極的に参加してください。
(講義)各授業では、出席確認のための用紙を配布します。この用紙にゲストスピーカーのお話を聞いたことに対する感想を各授業の終了時までに記入し、退出時に提出してください。その提出をもって各授業への出席とします。
(復習)講義で得た情報を基に、再度ゲストスピーカーや所属企業等の活動を調査し、それらに対する自分自身の意見やキャリア形成について整理をして下さい。期末に提出となる全体レポートの内容のベースになります。
ナンバリングコード(試行) LIJLEC1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University