三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 生物資源学研究科(博士後期課程)資源循環学専攻
受講対象学生 大学院(博士課程・博士後期課程) : 1年次, 2年次, 3年次
選択・必修 選択
授業科目名 野菜比較ゲノム解析学
やさいひかくげのむかいせきがく
Comparative Vegetable Genomics
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期集中

開講時間
開講場所 農研機構野菜花き研究部門安濃野菜研究拠点

担当教員 齊藤 猛雄(生物資源学研究科資源循環学専攻・農研機構野菜花き研究部門),大西 純(生物資源学研究科資源循環学専攻・農研機構野菜花き研究部門),布目司(生物資源学研究科資源循環学専攻・農研機構野菜花き研究部門),柿崎 智博(生物資源学研究科資源循環学専攻・農研機構野菜花き研究部門)

SAITO, Takeo
OHNISHI, Jun
NUNOME, Tsukasa
KAKIZAKI, Tomohiro

学習の目的と方法

授業の概要 各種野菜の育種法について,現場における実例を紹介するとともに,ゲノム解析や分子育種に関連する最新論文等を題材に議論する.
学習の目的 野菜の品種が実際にどのように育成されているかを,従来的な育種法とゲノム情報を活用した育種法を比較しつつ学習させ,技術革新および技術を支える科学的理論の重要性を理解する.
学習の到達目標 野菜のゲノム研究に基づく育種法を理解させ,実際の育種に応用できる能力を身につける.
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴

教科書 学術雑誌に掲載された英語論文を適宜使用する.
参考書
成績評価方法と基準 出席状況とレポートによって評価する.
オフィスアワー "随時受け付けるが,担当教員は,本研究科客員教員のため(農研機構野菜花き研究部門に所属),日時については,あらかじめ問い合わせてください.連絡先:農研機構野菜花き研究部門((代表)Tel 059-268-1331 )
連絡窓口となる世話役教員:分子遺伝育種学教育研究分野 掛田克行 (356室)"
受講要件 特になし
予め履修が望ましい科目 野菜ゲノム育種学特論
発展科目 遺伝情報解析学,ゲノム機能解析学
授業改善への工夫 積極的に質問させ,理解を深めるようにする.
その他

授業計画

キーワード 分子育種学,ゲノム解析,QTL解析,シンテニー解析
Key Word(s)
学習内容 1.野菜育種に関連する研究実例の紹介と解説
2.量的形質遺伝子座(QTL)解析と遺伝地図に基づく分子育種法の解説
学習課題(予習・復習) "1.野菜育種に関する諸情報を収集し理解する。
2.QTL解析と遺伝地図構築の基本原理と分子育種的意義を理解する。"
ナンバリングコード(試行) AGRI-6

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University