三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学研究科(修士課程)教育科学専攻・人文・社会系教育領域
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次, 2年次
選択・必修 選択
授業科目名 英語学特論 III
えいごがくとくろん さん
English Linguistics III
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講 自研究科の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 火曜日 3, 4時限
開講場所 未定

担当教員 澤田 治(人文学部)

Sawada Osamu

sawadao@human.mie-u.ac.jp
059-231-9145

学習の目的と方法

授業の概要 この授業では、英語と日本語におけるモダリティ表現の意味を詳細に検討しながら、理論言語学(とりわけ意味論・語用論)の基本的な考え方、分析方法を学びます。具体的には、証拠性(evidentiality)、可能性(possibility)、感嘆性(exclamativity)等が関わったモダリティ表現に焦点を当て、(i)モダリティの構造的・意味的特性とは何か、(ii)モダリティの程度性に関わる意味はどのように理論的に説明することができるのか、(iii)モダリティは言語使用においてどのような役割を演じているのかという点について考察する。
学習の目的 様々な言語現象を基に、言葉の意味解釈に関する原理や法則性・体系性を理解する。
学習の到達目標 身近な言語現象を言語理論を用いて分析できるようになる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  • ○実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 能動的要素を加えた授業

教科書 教科書は使用しません。
参考書
成績評価方法と基準 授業参加・発表60%、レポート40%
オフィスアワー 連絡先窓口:人文・社会系教育領域(英語教育部門)代表
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目 英語学特論演習 III
授業改善への工夫 あらかじめ学生に予習の範囲を指示する。各自が課題を持ち、自分の考えを発表できるよう、プレゼンテーションの場を設ける。
その他

授業計画

キーワード modality, evidentiality, probability, scale, discourse particles, context-dependency, discourse context, dynamic semantics
Key Word(s) modality, evidentiality, probability, scale, discourse particles, context-dependency, discourse context, dynamic semantics
学習内容 Week 1: Introduction
Week 2-Week 4: Evidentiality
Week 5-Week 7: Epistemic modality
Week 8-Week 10: Modal particles
Week 11-Week 12: Exclamativity
Week 13-Week 14: Modality and information update
Week 15: Presentations
学習課題(予習・復習) 毎回リーディングの内容をベースに授業を進めます。あらかじめ予習をして、授業に臨んでください。授業は演習形式で進めますので、積極的に発言、発表(プレゼン)をしてください。学期の最後には、期末レポートのトピックについて発表してもらいます。
ナンバリングコード(試行) ED-ELIN-4

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University