三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 人文学部資格科目
受講対象学生 2012年度以降入学生用
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 英米事情A
えいべいじじょうA
UK and USA Today A
単位数 2 単位
受講対象学生 2011年度以前入学生用
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 英米事情A
えいべいじじょうA
UK and USA Today A
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 水曜日 7, 8時限
開講場所

担当教員 カバラ・トーマス

Kabara, Thomas

学習の目的と方法

授業の概要 This course introduces key concepts in anthropology and intercultural communication.
学習の目的 Students will explore the link between language and culture, focusing on English language and U.K. & U.S. cultures. Students will also learn about the issues that arise in intercultural communication.
学習の到達目標 Students will learn how to think critically about language and culture as well as communicating between different cultures.
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  • ○共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  • ○実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書
参考書
成績評価方法と基準 Students will be evaluated based on in-class participation, class preparation, and a final presentation
オフィスアワー Mondays 13:00-14:00
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他 All reading and classroom instruction in English.

授業計画

キーワード US, UK, language and culture, anthropology, cultural frames, intercultural communication
Key Word(s) US, UK, language and culture, anthropology, cultural frames, intercultural communication, translation and interpretation
学習内容 Topics to be covered include defining culture, mediation and localization, models of culture, behavior and values, cultural frames, levels of culture, culture-bound behavior, and miscommunication between cultures.
学習課題(予習・復習) Students will write short weekly responses to issues covered in class, providing their own analyses and opinions.
ナンバリングコード(試行) HU-CLTR2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University