三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 地域イノベーション学研究科(博士後期課程)
受講対象学生 大学院(博士課程・博士後期課程) : 1年次, 2年次, 3年次
選択・必修 必修
授業科目名 グローバルコミュニケーション演習
ぐろーばるこみゅにけーしょんえんしゅう
Seminar on Global Communications
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

通年

開講時間
開講時間は指定しない。
開講場所 開講場所は指導教員(チュータ)と相談する。

担当教員 各教員

professors

学習の目的と方法

授業の概要 地域イノベーション学研究科の目標は、「プロジェクト・マネジメントができる研究開発系人材」を地域社会に輩出することであり、このような人材を育成するために、「高度な研究開発に関する能力」「研究開発のプロジェクト・マネジメントに関する能力」「グローバル化に対応した国際感覚」を身につけさせる必要がある。
 本授業では、世界水準の研究内容を世界へ向けて情報発信するために、英語で査読付きの学術雑誌、または国際会議へ、該当学生が担当した研究を外国語の論文(A4版2ページ以上)にまとめ、投稿した場合に認定する。
学習の目的
学習の到達目標
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  • ○実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 キャリア教育の要素を加えた授業

教科書 学術雑誌、国際会議の論文、各種報告書
参考書 学術雑誌、国際会議の論文、各種報告書
成績評価方法と基準 英語で査読付きの学術雑誌、または国際会議へ、該当学生が担当した研究を外国語の論文(A4版2ページ以上)にまとめ、投稿した場合に認定する。
オフィスアワー 指導教員と相談する。
受講要件 指導教員と相談し、決めて下さい。
予め履修が望ましい科目 指導教員と相談し、決めて下さい。
発展科目 指導教員と相談し、決めて下さい。
授業改善への工夫
その他 指導教員と相談し、履修時期、履修内容を決めて下さい。

授業計画

キーワード 学術論文、専門英語、学術雑誌、国際会議
Key Word(s) Academic paper, Technical English, Academic Journal, International Conference
学習内容  学術論文が査読付き学術雑誌、国際会議に採録されるには、次の段階を経る場合が多い。本講義には、この各段階を実体験し、課程修了後も学術論文が執筆できる能力を育成する。
(1)研究内容について、背景となる問題点、研究目的(問題発見)、研究方法(問題解決方法)、研究結果(解決方法の効果)、考察(社会的な有用性)、今後の課題を論理的に整理して下書き原稿にまとめる。
(2)英語の学術雑誌、国際会議に投稿するために、執筆要領を熟読し、適切な専門英語を使用し、投稿用原稿を作成する。
(3)投稿用原稿を指導教員に提出し、論文の質を向上させるように推敲を繰り返す。
(4)投稿用原稿を学術雑誌、国際会議の事務局へ投稿する。
 <単位はこの段階まで進んだ場合に認定するが、成績は以下の過程も反映させる。>
(5)査読者からの採録条件、コメントなとに対して、記述の修正、追加実験・データ整理などの適切な対応を行う。
(6)修正した原稿、修正の説明などの資料を学術雑誌、国際会議の事務局に投稿する。
学習課題(予習・復習) 学習課題は、研究内容により大きく異なるが、以下に一例を記述する。
(1)現在、地域社会で問題となっている内容を整理し、現在の能力・実験施設・予算等を客観的に判断し、教育課程の修了時までに、実施できそうな研究テーマを考案する。
(2)研究テーマに関連した過去の研究論文、研究室のシステム・実験結果、使用できる研究設備、人脈、資金、学習してきた内容などを考慮し、研究計画を立てる。
(3)研究計画を指導教員と相談し、より学術的、社会的に価値の高い研究テーマを設定する。
(4)研究方法を詳細に検討し、学習事項、役割分担、スケジュール、使用する機器などの計画を立案し、指導教員等の関係者と議論する。
(5)研究作業を実施し、結果を関係者と議論し、研究成果が出るように研究作業を繰り返す。
(6)研究成果を、知的財産権を考慮し、下書き論文にまとめる。
(7)下書き原稿を基に、指導教員等との議論により、適切な内容にまとめ、投稿用原稿を作成する。
ナンバリングコード(試行) ICOM7

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University