三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 生物資源学部
受講対象学生 共生環境学科・地球環境システム学教育コース
学部(学士課程) : 3年次
選択・必修 選択必修
教育コース選択必修:環境情報プロ指定科目
授業科目名 農業食料工学実験
のうぎょうしょくりょうこうがくじっけん
単位数 1 単位
受講対象学生 共生環境学科・環境情報システム工学講座
平成26年度(2014年度)までの入学者カリキュラム名称
選択・必修 必修
講座必修
授業科目名 環境情報システム工学実験
かんきょうじょうほうしすてむこうがくじっけん
Experiment of environment oriented systems and engineering
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 火曜日 5, 6, 7時限
開講場所

担当教員 佐藤邦夫(共生環境学科), 福島崇志(共生環境学科)陳山 鵬(共生環境学科), 山下光司(共生環境学科), 村上克介(共生環境学科), 森尾吉成(共生環境学科),王 秀崙(共生環境学科), 鬼頭孝治(共生環境学科)

SATO Kunio, FUKUSHIMA Takashi, JINYAMA Hou, YAMASHITA Mitsushi, MURAKAMI Katsusuke, MORIO Yoshinari, WANG Xiulun, KITO Koji

学習の目的と方法

授業の概要 環境情報システム工学実習Ⅱに引き続き,環境情報システム工学講座で教授される種々の理論について実際に実験を行い,取得したデータを処理・解析し,結果をまとめて報告書を作成する方法について学習する.
学習の目的 実験を通して,基本的手法,データ処理法を学び,レポートの作成ができるようになる。
学習の到達目標 1)各実験で使用する器具の原理と使用法に習熟する.2)各実験で必要とされる安全知識について学ぶ.3)実際に各自が実験器具を用いてデータを取得する過程を経験する.4)環境情報の取り扱いについて学ぶ.5)報告書の作成法を学ぶ.
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目
環境情報システム学プログラム(JABEE)(環境情報システム工学講座)の学習・教育目標の(A-4)(,C-4),(D-2),(D-3),(E-17),(F-4),(G-1),(G-2),(G-3),(G-4),(G-5),(G-6),(H-1),(H-2),(H-3),(H-4),(H-5)に対応している.

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 実験

授業の特徴 Moodle

教科書 配付資料
参考書
成績評価方法と基準 すべて出席することを前提に,実験態度20%,レポート80%.(合計が60%以上で合格).
オフィスアワー 木曜日の16:00~17:30、生物資源学部校舎415室
受講要件 フィールドでの作業には危険が伴うので、学生教育研究災害傷害保険には必ず加入すること
予め履修が望ましい科目 環境情報システム工学講座開講の基礎科目
発展科目 環境情報システム工学講座開講の基礎科目
授業改善への工夫 レポートの結果により学習到達度を見ながら実験の内容を改善する.
その他 教員免許・各種資格取得に関連した科目 (注 : 必ず入学年度の学習要項で確認してください)

授業計画

キーワード 環境,システム工学,環境計量,振動,光,音,色,エネルギー,コンピュータ,データ処理
Key Word(s)
学習内容 1.実験のガイダンス
2.データの取得・解析法
3.レポートの作成法
4.環境計量実験Ⅰ―振動の計測と解析(1)
5.環境計量実験Ⅰ―振動の計測と解析(2)
6.環境計量実験Ⅱ―音声の計測と解析
7.機械システムの故障診断
8.慣性モーメントの測定(その1)
9.慣性モーメントの測定(その2)
10.太陽電池システムの基礎特性(その1)
11.太陽電池システムの基礎特性(その2)
12.自然光環境における色の計測
13.生物環境計測実験(1)
14.生物環境計測実験(2)
15.実験レポート確認,総括及び反省会
16.評価
学習課題(予習・復習) 既に受けた講義に関連する項目は、各項目について、講義ノートや教科書を復習しておく。
ナンバリングコード(試行) BO-PHYS-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University