三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 生物資源学部
受講対象学生 共生環境学科・地球環境システム学教育コース
学部(学士課程) : 2年次
選択・必修 選択必修
地球環境プログラム選択必修科目
授業科目名 景観生態学
けいかんせいたいがく
Landscape Ecology
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業
開講学期

前期

開講時間 水曜日 1, 2時限
開講場所

担当教員 大野 研

OHNO, Ken

学習の目的と方法

授業の概要 「景観」は,森と草地のような異質な景観要素が組み合わさった空間の全体のことを意味する。例えば、池の周囲が森に囲まれている場合と草地に囲まれている場合では,池の中の生物の種類は異なり、その池がその景観の中で果たす役割も異なる。また、同じ面積の森林が存在しても、それが1つの森としてまとまっている場合と複数にわかれている場合では、森の中の生物の種類は異なり、その森林が持つ機能も異なる。このように、景観に含まれる景観要素の空間配置と生態系のプロセスや個々の生態系が持つ機能の間には密接な関係がある。「景観生態学」は,「景観」という空間の諸特性を,様々なスケール,様々な視点から階層的に解明していく学問である。
学習の目的 景観要素の空間関係、景観要素間のエネルギーや種の移動、経時的な景観パターンの変化について学ぶ。
学習の到達目標 景観生態学の概念、問題、方法および応用を身につけ、生態系保全、資源管理、土地利用計画を行う上で有用な基礎を習得する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  • ○倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 Moodle

教科書 D.サダヴァ:アメリカ版 大学生物学の教科書 第5巻生態学 講談社、 2014
参考書 R.N.Coulson & M.D.Tchakerian : Basic Landscape Ecology,KEL,2010
M.Begon et.al. 堀道雄監訳:生態学、京都大学学術出版会、2003
M.G.Turner et.al. : 中越信和・原慶太郎監訳:景観生態学、文一総合出版、2004
Dennis Colella et.al. : Environmental Science, Addison-Wesley, 1996
Wenche E. Dramstad et.al. : Landscape Ecology Principles in Landscape Architecture and Land-Use Planning, Harvard University, 1996
成績評価方法と基準 通常点30%、期末テスト70%
オフィスアワー 毎週木曜日12:00~13:00、374室
受講要件
予め履修が望ましい科目 環境保全生態学
発展科目
授業改善への工夫
その他 環境教育に関連した科目

授業計画

キーワード 景観、生態系、バイオーム、配置、パッチ、エッジ、コリドー、マトリクス、景観モザイク、GIS
Key Word(s) Landscape, Ecosystem, Biome, Patch, Edge, Corridor, Matrix, Landscape Mosaic, GIS
学習内容 第1回 概説
第2回 景観生態学とは?
第3回 環境における生物
第4回 個体群
第5回 生物種間相互作用の生態学的。進化論的意義
第6回 生態学的群落(コミュニティ)
第7回 地球のエコシステム
第8回 景観の構造1 景観の環境、景観の幾何学
第9回 景観の構造2 景観の幾何学(つづき)、景観の知覚
第10回 景観の機能
第11回 景観の変化
第12回 景観生態学の原理1 パッチ
第13回 景観生態学の原理2 エッジと境界
第14回 景観生態学の原理3 コリドーと連結性
第15回 景観生態学の原理4 景観モザイク
第16回 試験
事前・事後学修の内容 教科書がない部分があるので、配布資料を予習し、肉付けすること
景観生態学的知識がどのように生態系保全につながるかを考えること
ナンバリングコード(試行) BO-ENVS-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University