三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 人文学部法律経済学科・社会科学科
受講対象学生 法律経済学科専用
学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 経営管理論
けいえいかんりろん
Business Management
単位数 2 単位
受講対象学生 法律経済学科専用
学部(学士課程) : 4年次
2007年度以前入学者用
選択・必修
授業科目名 特殊講義 経営管理論
とくしゅこうぎけいえいかんりろん
Business Management
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 月曜日 3, 4時限
開講場所

担当教員 玉井 信吾(非常勤講師)

TAMAI,Shingo

学習の目的と方法

授業の概要  マネジメント論が成立してから、既に1世紀以上が経過しているが、組織において目的を達成するための方法を説くものとしての本質は変わっていない。 現代の組織社会においての焦点は、企業をはじめ行政、病院、学校、及びNPOなど様々な組織におけるマネジメントであるといえる。 本講義では、マネジメント論における(1)人間観の変遷、(2)ワーク・モチベーション、及び(3)リーダーシップなどのテーマを中心に、基礎的な理論の説明と共に、様々な組織における実際の具体例を紹介する。
学習の目的 組織体の運営の共通内容となるマネジメント論を理解するため、その前提となる基礎的な考え方の習得を目指す。
学習の到達目標 (1)マネジメントの前提となる人間観の変遷から、マネジメント論の展開を説明することが出来る。
(2)マネジメントの対象であるヒト(従業員)のモチベーションに関する様々な欲求理論を説明することができる。
(3)組織のリーダーをリーダーシップ理論から理解し、様々な経営環境にどのようなリーダーシップのスタイルが効果的なのかを説明することが出来る。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  • ○倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 講義教室での配布レジュメを主に使用するので、教科書は特に指定しない。
参考書 塩次喜代明ほか(2009)『経営管理(新版)』有斐閣。
稲葉祐之ほか(2010)『キャリアで語る・経営組織』有斐閣。
金井壽宏(1993)『ニューウェーブ・マネジメント』創元社。
上記の他にも講義中に随時紹介する。
成績評価方法と基準 期末試験70% 映像教材視聴レポート20% 質問感想カード10%
オフィスアワー 特に設けないので、質問などは講義時間の前後に教室にて担当教員に直接問い合わされたい。
世話人教員:青木雅生
受講要件 特になし。
予め履修が望ましい科目 経営学総論などの経営学系科目
発展科目 人的資源管理論、経営組織論など
授業改善への工夫 特記事項なし。
その他 2007年度以前入学生については「特殊講義〔経営管理論〕」として開講します。

授業計画

キーワード 組織における協働、行動科学、リーダーシップ、モティヴェーション、意思決定、日本的経営
Key Word(s)
学習内容 (1)ガイダンス
(2)科学的管理法とフォード・システム
(3)官僚制とマネジメント
(4)人間関係論①
(5)人間関係論②
(6)モティヴェーション論①
(7)モティヴェーション論②
(8)リーダーシップ論①
(9)リーダーシップ論②
(10)C.I.バーナードの管理論・組織論①
(11)C.I.バーナードの管理論・組織論②
(12)H.A.サイモンの意思決定論
(13)組織文化論
(14)日本的経営とその変遷
(15)まとめ
学習課題(予習・復習) 日本経済新聞、週刊東洋経済などの経済紙&誌に普段から目を通しておくのが望ましい。
ナンバリングコード(試行) HU-MANA-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University