三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学研究科(博士前期課程)分子素材工学専攻
領域 主領域 : E; 副領域 : F
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次, 2年次
選択・必修
授業科目名 量子化学特論
りょうしかがくとくろん
Advanced Quantum Chemistry
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講 他専攻の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 水曜日 1, 2時限
開講場所

担当教員 小海 文夫(工学研究科分子素材工学専攻)

KOKAI, Fumio

学習の目的と方法

授業の概要 レーザーで、カーボンナノチューブなどのナノカーボンが形成されている。歴史、基本的事項の理解からはじめ、応用などの最近の進展まで、論文をもとに講義する。
学習の目的 ナノカーボン等について知識を得ると共に,研究のへの取り組み方,論文としての執筆仕方などを学べる。
学習の到達目標 ナノカーボンの研究についての概要の理解、研究を進めるにあたっての着眼点の重要性などを認識できる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  •  問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  • ○実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴

教科書 論文など講義中に伝える。
参考書
成績評価方法と基準 レポート50%、出席50%。
オフィスアワー 毎週月曜日18:00~19:00、総合研究棟Ⅰ204号室
受講要件 物理化学B、レーザー光化学を履修済みであること。
予め履修が望ましい科目 物理化学A、物理化学C
発展科目
授業改善への工夫 理解することはどういうことか、自分の研究に役立つ情報のつかみ方など、将来役に立つ考え方を含めてやさしく講義する。
その他 英語対応授業である。

授業計画

キーワード レーザー、ナノカーボン、ナノテクノロジー
Key Word(s) laser, nanocarbon, nanotechnology
学習内容 レーザー蒸発法とは(第1、2回)
カーボンナノチューブ(第3、4、5回)
カーボンナノホーン(第6、7、8回)
多面体グラファイト(第9、10回)
その他のナノカーボン物質(第11、12回)
ナノカーボンの応用(第13-15回)
学習課題(予習・復習) 講義をもとに理解をさらに深めることにより、自分の大学院での研究に役に立つことはないか、新しい発想法などないか考えること、わからないことは質問してそのままにしないこと。
ナンバリングコード(試行) EN-PHCH-5

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University