三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養基盤科目・基礎教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 2年次
化学基礎IIの単位を修得できなかった学生を対象
選択・必修 選択必修
生物資源学部選択必修(生物圏生命化学科は必修)
授業科目名 化学基礎Ⅱ
かがくきそ に
Basic Chemistry Ⅱ
単位数 2 単位
分野
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 金曜日 9, 10時限
開講場所

担当教員 ○奥村 克純(生物資源学部・生物圏生命科学科)

○OKUMURA, Katsuzumi

学習の目的と方法

授業の概要  生物体を構成し,生命活動を担う基本分子である糖質,脂質,タンパク質,核酸,無機塩類等の構造と機能について解説する.専門基礎として必要な生物化学の全体像を広範に取り扱う。高等学校の教科「化学」の内容の有機化合物と人間生活,天然高分子化合物の構造と機能について指導するために必要な基本的事項について学習する。演習形式で行う。
学習の目的 生体構成成分の構造と機能,エネルギーや遺伝情報の流れについての知識を得る。
学習の到達目標  生体構成成分の構造と機能,エネルギーや遺伝情報の流れについて,細胞,生体と関連づけて考えることによって,分子レベルからみた生命活動について理解と関心を深める。受講生は,高等学校の教科「化学」の内容の有機化合物と人間生活,天然高分子化合物の構造と機能について,基本的事項を指導できる能力を修得することを目標とする。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習

授業の特徴

教科書 教科書としての指定はしないが,Essential細胞生物学 第4版(B. Albertsら著,南江堂)を推奨する。
参考書 基礎から学びたい人: ZEROからの生命科学改訂4版(木下勉,小林秀明,浅賀宏昭著), 南山堂。わかる!身につく!生物・生化学・分子生物学(田村隆明著)南山堂。さらに勉強したい人: ベーシックマスター生化学(大山隆監修,西川一八,清水光弘共編)オーム社。ヴォート基礎生化学第4版(田宮信雄,村松正實,八木達彦,遠藤斗志也訳)東京化学同人。
成績評価方法と基準 演習課題およびテストで評価する。
オフィスアワー 755(奥村)室.および随時受け付けている.電話番号・メールアドレスは別途案内する.
受講要件 化学基礎IIの単位を修得できなかった者
予め履修が望ましい科目 化学基礎 I, 生物学基礎 I
発展科目 細胞生物学, 生化学 I, 生化学II
授業改善への工夫 E-mailでの質問・要望等にできる限り対応する.
その他

授業計画

キーワード 細胞,糖質,脂質,タンパク質,核酸,無機塩類
Key Word(s) cell, organelle, sugar, lipid, protein, nucleic acid, mineral
学習内容 1:細胞の基本構造の演習
2:生体成分と化学結合の演習
3:アミノ酸の演習
4:タンパク質の演習
5:核酸の演習
6:糖質の演習
7.脂質の演習
8.糖質代謝とエネルギー生産の演習
9.細胞が食物からエネルギーを得る仕組みの演習
10.タンパク質の構造と機能1:立体構造と性質の演習
11.タンパク質の構造と機能2:タンパク質の働くしくみの演習
12.タンパク質の構造と機能3:酵素の演習
13.DNA:核酸の構造,DNA複製・修復の演習
14.DNAからタンパク質へ:遺伝情報の流れの演習
15.タンパク質、遺伝子等解析技術の演習
16.期末試験
学習課題(予習・復習) 分子・細胞レベルの研究分野に進むことを希望する学生は、特に復習に力をいれること。
ナンバリングコード(試行) LICHEM1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University