三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養統合科目・国際理解・現代社会理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
Students with a score of 600 or higher on the TOEIC are preferred, though it is possible for students with less than 600 to also attend.

TOEIC600点以上の学生が望ましい。但し、600点以下の学生も受講する可能性がある。
選択・必修 選択
授業科目名 言語学F
げんごがくえふ
Linguistics F
授業テーマ 言語の機能
単位数 2 単位
分野 人文 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 火曜日 9, 10時限
開講場所

担当教員 ボッフマイア ジャスティン

Boffemmyer, Justin

学習の目的と方法

授業の概要 You will learn the basics of the following core areas of linguistics: semantics and pragmatics. You will also learn the basics of the following cross-disciplinary areas of linguistics: sociolinguistics, historical linguistics, psycholinguistics, semiotics, and linguistic anthropology/anthropological linguistics.

言語学の中心的な分野として意味論、語用論の基本を学ぶ。それに、言語学の学際的な分野として社会学、歴史言語学、心理学、記号論、言語人類学/人類言語学の基本も学ぶ。
学習の目的 ・Aquire skills to analyze the functions of language
・Deepen your understanding of the use and meaning of English as well as languages in general

・言語の形状を分析するスキルを習得する
・英語及び一般的に言語の意味、使い方の知識を深める
学習の到達目標 ・Apply critical thinking to solve language problems
・Improve your ability to learn foreign languages
・Improve your understanding and accuracy in the use of language
・Deepen your understanding of the relations between language, society, and culture

・批判的思考を応用して言語の問題を解決する
・外国語を学ぶ能力を進める
・言語の理解や応用の精度を進める
・言語、社会、文化の関係や繋がりの理解を深める
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  • ○実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業 Moodle

教科書 Plag, Ingo, Sabine Lappe, Maria Braun, and Mareile Schramm. 2009. Introduction to English Linguistics (2nd Edition). De Gruyter, Walter, Inc.
ISBN: 3110214083
ISBN-13: 978-3110214086
参考書
成績評価方法と基準 Evaluation is by class preparation (homework, etc.) 20%, in-class participation (active participation in group work, etc.) 20%, quizzes 20%, and an in-class final exam 40%.

成績評価は、講義準備(宿題等)20%、講義中の態度(グループ活動への取り組み姿勢等)20%、小テスト20%、最終試験40%による。
オフィスアワー To be announced during the first class session.

第1回の授業で伝達する。
受講要件 Students with a score of 600 or higher on the TOEIC are preferred, though it is possible for students with less than 600 to also attend.

TOEIC600点以上の学生が望ましい。但し、600点以下の学生も受講する可能性がある。
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他 All readings and classroom instruction are conducted in English.

読み物や講義中の活動は英語のみ。

授業計画

キーワード 英語、言語語学、分析、意味論、語用論、社会学、歴史言語学、心理学、記号論、人類学
Key Word(s) English, linguistics, analysis, semantics, pragmatics, sociology, historical linguistics, psychology of language, semiotics, anthropology
学習内容 Session 1: Orientation
Session 2: Semantics - What is meaning?
Session 3: Semantics - Meaning and composition
Session 4: Semantics - Meaning relations
Session 5: Pragmatics - Context
Session 6: Pragmatics - Speech Acts
Session 7: Pragmatics - Gricean implicature
Session 8: Pragmatics - Politeness I
Session 9: Pragmatics - Politeness II
Session 10: Sociolinguistics
Session 11: Historical Linguistics
Session 12: Psycholinguistics
Session 13: Semiotics: Language and signs
Session 14: Linguistic Anthropology and Anthropological Linguistics
Session 15: Final Test

The above schedule is subject to change dependent upon students' needs.

第1回:紹介
第2回:意味論 意味って何?
第3回:意味論 意味と成分
第4回:意味論 意味と繋がり、関係
第5回:語用論 状況
第6回:語用論 発話行為
第7回:語用論 グライスの含意
第8回:語用論 ポライトネス I
第9回:語用論 ポライトネス II
第10回:社会言語学
第11回:歴史言語学
第12回:心理言語学
第13回:記号論
第14回:言語人類学、人類言語学
第15回:最終試験

学生のニーズによって計画が変わる可能性がある。
学習課題(予習・復習) Each session, homework due the following session will be assigned. All work must be completed in English.

毎回、次回授業に向けての課題を設定する。全ての提出物は英語で書くこと。
ナンバリングコード(試行) LILING1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University