三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養基盤科目・アクティブラーニング
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次
This class is limited to students with a TOEIC score of 600 or higher. All students are required to attend the Japanese language startup seminar during the first week of classes (this class is only open starting the 2nd week, after the results from the TOEIC test).

この授業はTOEIC600点以上の学生に限られている。一回目の授業は日本語でのスタートアップセミナーを受けること。この授業は二回目から開講され受講可能となる。
選択・必修 必修
授業科目名 スタートアップセミナー
すたーとあっぷせみなー
Active Learning Start-up Seminar
単位数 2 単位
分野
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 火曜日 5, 6, 7, 8, 9, 10時限
開講場所

担当教員 ボッフマイア ジャスティン

Boffemmyer, Justin

学習の目的と方法

授業の概要 In this class, you will learn the "4 key abilities" of Mie University's educational goals through conducting group projects and achieve proper study methods through practice, as well as transition to life as a college student.

グループでプロジェクト活動を実践する中で、三重大学の教育目標である「4つの力」や、大学での学習方法等を体験的に学習し、大学生活へのスムーズな移行を図る。
学習の目的 ・Understand and achieve the educational goals (4 abilities) while aiming for further advancement through the acquisition of necessary knowledge and skills.
・Acquire the study skills and methods necessary for university students.
・Achieve these goals through the execution of group projects as part of a team.

・大学の教育目標(4つの力)を理解し、大学生活においてそれを獲得・向上を目指すために必要な知識やスキルの習得。
・大学生に必要な学習スキル・学習方法の習得。
・グループによるプロジェクトの遂行と達成。
学習の到達目標 ・Understand living ability through the integration of feeling ability, thinking ability, and communication ability, and put them into practice by considering what is necessary for further developing both your strengths in those abilities and their significance.
・Learn and practice the basic study skills and methods necessary for university students.
・Learn and practice the skills and attitudes necessary for working as part of a team through participation in group activities.

・感じる力、考える力、コミュニケーション力、それらの総合力としての生きる力(4つの力)の内容を理解し、その意義やそれらの力を高めるために必要なことについて考え実践できる。
・大学生に必要な基本的な学習スキルや学習方法を学び、実践できる。
・グループ活動を通して、グループでの活動に必要な姿勢やスキルを学び、それらを実践できる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  • ○実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

This class seeks to instill the understanding and cultivation of the "4 key abilities".

本授業は、「4つの力」の理解や育成その物を対象とした授業である。

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 PBL 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業 Moodle

教科書 Mie University Start-up Seminar 2017 Edition, Muisuri Publishing

三重大学スタートアップセミナー2017年度版、ムイスリ出版
参考書 To be introduced in class, as appropriate.

適宜、紹介する。
成績評価方法と基準 Individual work: 40% (worksheets, midterm and final reports, etc.)
Group work: 60% (project evaluation, worksheets, active participation and involvement in group activities, etc.)
Reduction of points: lateness to class, absences, uncooperative attitude, lateness in submitting assignments, etc.

個人の活動40%(毎回の課題、各ワークシート、中間・最終の提出物等)、グループの活動60%(プロジェクトの評価、各ワークシート、グループ活動への取り組み姿勢等)。
減点対象:遅刻・欠席、取り組み姿勢、課題の提出遅れ、など
オフィスアワー To be announced during the first class session.

第1回の授業で伝達する。
受講要件 This class is limited to students with a TOEIC score of 600 or higher.

この授業はTOEIC600点以上の学生に限られている。
予め履修が望ましい科目 None.

無し。
発展科目 Liberal Arts Workshop (Special English Program)

教養ワークショップ 「英語特別プログラム」
授業改善への工夫 The class will involve the utilization of Moodle and PBL.

PBL形式、Moodleを活用し、授業を進めていく。
その他 All readings and classroom instruction are conducted in English.
This class will also include activities designed to increase understanding and interest in both Mie University and Mie Prefecture.

読み物や講義中の活動は英語のみ。
本授業には、三重大学や三重県に対する理解や興味関心を高める活動も含む。

授業計画

キーワード 「4つの力」の意義の理解・素養の習得、主体的学習者としての準備、アカデミックスキル
Key Word(s) 4 Key Abilities, Independent Learning, Academic Skills
学習内容 (Note: This course begins from session 2. You are REQUIRED to attend Session 1 of the Japanese Startup Seminar)

Session 2: Basics of group work
Session 3: Forming ideas
Session 4: Purpose and methods of gathering information
Session 5: Formulating a concrete hypothesis
Session 6: Peer review for projects
Session 7: Evaluating your hypothesis and setting a plan
Session 8: Gathering and organizing information
Session 9: Evaluating information 1
Session 10: Evaluating information 2
Session 11: Constructing outlines
Session 12: Giving a presentation
Session 13: Final Project Presentations and Evaluations 1
Session 14: Final Project Presentations and Evaluations 2
Session 15: Project and Class Review and Reflection

All students are expected and required to actively participate in group discussions in English only.

全回で講義、英語でグループでの話し合いを実施する
学習課題(予習・復習) Each session, homework due the following session will be assigned. All work must be completed in English.

毎回、次回授業に向けての課題を設定する。全ての提出物は英語で書くこと。
ナンバリングコード(試行) LIASUS1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University