三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 医学部看護学科 ・母子看護学
受講対象学生 学部(学士課程) : 3年次
選択・必修 必修
授業科目名 母性看護学実習
ぼせいかんごがくじっしゅう
Practicum in Maternal Nursing
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間
開講場所

担当教員 大林陽子(医学部看護学科)、新小田春美(医学部看護学科)、山田奈央(医学部看護学科)、他

OBAYASHI Yoko , SHINKODA Harumi , YAMADA Nao , et al.

学習の目的と方法

授業の概要 母性看護の対象の身体・心理・社会的特性を理解し、性と生殖に関する形態・機能・病態、および、母子とその家族への看護ケアを看護過程の展開をとおして学ぶ。
学習の目的 1.妊娠期の女性の身体・心理・社会的変化と特性、および、対象の個別性に配慮した看護について、看護過程の展開により学ぶ。
2.分娩経過とその看護について、事例をとおして理解し、看護過程の展開により学ぶ。
3.産褥期の退行性変化・進行性変化、新生児の胎外生活への適応過程と順調な経過を促す看護について、看護過程の展開により学ぶ。
4.新しい家族の形成に向けた適応過程に必要な看護について、看護過程の展開により学ぶ。
学習の到達目標 1.妊娠期
1)妊娠により生じる妊婦と胎児の心身の変化について、事例をとおして理解し、個別性をふまえた看護過程を展開できる。
2)パートナーをはじめとする家族の支援について、事例をとおして理解し、個別性をふまえた看護過程を展開できる。
2.分娩期
1)分娩により生じる心身の変化に対する産婦と胎児の適応について、事例をとおして理解し、産婦と胎児の状態を理解できる。
2)分娩経過に応じた看護ケアについて、産婦の基本的ニーズの援助、陣痛緩和ケアとその根拠と方法について理解し、その一部を実施できる。
3.産褥期・新生児期
1)褥婦の退行性変化・進行性変化について、事例をとおして理解し、順調な経過を促すための看護過程を展開できる。
2)褥婦の状態を把握し、産褥経過をアセスメントできる。
3)褥婦の状態のアセスメントに基づき、退行性・進行性変化を促すケアを実施できる。
4)新生児の胎外生活適応過程と生理的変化について観察できる。
5)新生児が順調に経過するために必要な看護を指導者とともに実施できる。
6)新しい家族を形成する褥婦とそのパートナー、および、その家族の役割適応について把握し、順調な適応を促す援助を指導者とともに実施できる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

感じる力25%,考える力25%,生きる力25%,コミュニケーション力25%

授業の方法 実習

授業の特徴 PBL 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業 キャリア教育の要素を加えた授業

教科書 母性看護実践の基本 第4版 メディカ出版
病気がみえる Vol.10 産科 第3版 MEDIC MEDIA
根拠と事故防止からみた母性看護技術 第2版 医学書院
参考書 写真でわかる母性看護技術 インターメディカ
成績評価方法と基準 出席状況、知識・技術・態度について、評価表(母性看護学実習要項 8頁)をもとに総合的に評価する。
オフィスアワー
受講要件 母性看護学Ⅰ、母性看護学Ⅱを履修済であること。
予め履修が望ましい科目 実習までに開講しているすべての必修科目
発展科目 統合実習Ⅰ・Ⅱ(母性看護・助産学)
授業改善への工夫 実習中・終了後に学生からの意見や要望に対応する。また、学生による授業評価結果をもとに教員間で検討し、教授・指導方法を改善する。
その他 事前に、母性看護学実習要項(4~5頁)の事前学習の項目にそって自己学習を進めて実習に臨んでください。その学習レポートは、実習ガイダンス・オリエンテーションの際に持参してください。実習中は自己の健康管理に気をつけて、欠席しないようにしてください。

授業計画

キーワード 妊娠・分娩・産褥・新生児の看護
Key Word(s) Maternal nursing
学習内容 1.実習内容
入院中の褥婦・新生児、あるいは、妊婦、産婦を受け持ち、看護過程を展開する。
2.実習場所
三重大学医学部附属病院 周産母子センター母性棟、産婦人科外来
3.実習スケジュール
初日は、学内、および、病棟オリエンテーションを受ける。その後、受け持ち対象者に挨拶し、情報収集を行う。ケアの見学または一部実施を行い、ケアの方向性についてアセスメントし、指導を受ける。
2日目以降は、受け持ち対象者の看護を実施する。
4.カンファレンスは毎日行う。1週目最終日にテーマカンファレンス、2週目最終日に最終カンファレンスを行う。
学習課題(予習・復習) 母性看護学実習要項Ⅳ.事前学習(4~5頁)の内容にそって学習し、実習ガイダンス・オリエンテーションの際に提出し、教員の確認・指導を受ける。
ナンバリングコード(試行) MD-NMAT-3

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University