三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養基盤科目・異文化理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修 選択必修
授業科目名 異文化理解Ⅰ基礎(スペイン語)b
いぶんかりかいⅠきそ(すぺいんご)b
Foreign Studies I Basic (Spanish) b
単位数 1 単位
分野
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 金曜日 3, 4時限
開講場所

担当教員 伊藤ゆかり(非常勤講師)

ITO, Yukari

学習の目的と方法

授業の概要 文法事項を中心に授業を進め、スペイン語の基礎を学びます。身近な出来事をスペイン語で作文したり、スペイン語圏に関する文章を読んでいきます。
学習の目的 スペイン語は、約4億2千万人という膨大な数の話者を持ち、20カ国の公用語となっています。またアメリカ合衆国でもヒスパニック系の移民が激増し、その勢力も増してきています。この授業では、スペイン語圏の様々な文化を紹介しながら、スペイン語の基礎文法の習得を目標とします。
学習の到達目標 スペイン語の基礎的な文法事項を学び、現在、過去、未来時制を用いた自己表現ができるようになります。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  • ○実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業

教科書 『スペイン語を学ぼうよ!改訂版』(朝日出版社)
参考書 『とことんドリル スペイン語』(朝日出版社)、『プログレッシブスペイン語辞典』(小学館)
成績評価方法と基準 定期試験(70%)、授業への参加度(30%)により、総合的に評価する。
オフィスアワー 授業中に対応する。
受講要件 異文化理解Ⅰ基礎(スペイン語)a を受講済みであること。
予め履修が望ましい科目 異文化理解Ⅰ演習(スペイン語)bを同時に受講すること。
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 基礎スペイン語文法の習得
Key Word(s)
学習内容 第1回 前期に学んだ文法事項の復習
第2回 gustar型動詞
第3回 前置詞格人称代名詞
第4回 直説法現在 不規則動詞
第5回 直説法現在 不規則動詞と熟語
第6回 再帰動詞
第7回 無人称文
第8回 過去分詞と現在完了
第9回 現在分詞と現在進行形
第10回 直説法点過去 規則動詞
第11回 比較表現
第12回 直説法点過去 不規則動詞
第13回 直説法線過去
第14回 直説法未来
第15回 まとめ
第16回 定期試験
学習課題(予習・復習) 新しい語学を学ぶ場合は、復習の積み重ねが必要とされる。授業で学習したことを各自復習することを勧める。
ナンバリングコード(試行) LIFORB1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University