三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養基盤科目・外国語教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次
1年生は、指定されたクラスにて受講してください。
編入生および再履修が必要な2年生以上の学生は、再履修クラスにて受講してください。
選択・必修 必修
授業科目名 英語Ⅰ大学基礎
えいごいち だいがくきそ
English I Academic Foundation
単位数 1 単位
分野
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 月曜日 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8時限; 水曜日 1, 2, 5, 6, 7, 8時限
1年生は、指定されたクラスにて受講してください。
開講場所

担当教員 1年生に関しては、入学時のIPテストの結果に基づいて習熟度別クラス分けが行われ、担当教員が決定します。

学習の目的と方法

授業の概要 大学レベルの英語文献を読むために必要となる読解力・文法力の基礎を身につけることを目的とします。習熟度別に編成された50人規模のクラスにおいて、英文を正確に理解する力を育てます。
学習の目的 [1] 大学において専門的文献を英語で読む際に必要となる読解力を身につけます。
[2] 基本的な英文法の知識・英語の語彙を確認し、それらを実際に使えるようになることを目指します。
[3] TOEICのリーディングパートにおいて高得点を取る力を身につけます。
学習の到達目標 [1] ある程度の長さの英文を、辞書なしでも理解できる力を身につけます。
[2] 基本的な英文法の知識・英語の語彙を用いて、ある程度の長さの英文を書ける力を身につけます。
[3] TOEICのリーディングパートに関して、入学時よりも高い点数が取れるようになるための読解力を養います。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  • ○実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業

教科書 以下の教科書を必ず購入してください。
中級クラス: Reading Fusion 2(南雲堂)
初級クラス: Reading Fusion 1(南雲堂)
参考書
成績評価方法と基準 授業で与えられた課題・小テスト・期末テストなどに基づき、総合的に評価します。
具体的な基準は、各教員が初回の授業において説明します。
オフィスアワー 各担当教員に確認してください。
受講要件 (新入生に関する注意)
4月に行われるプレースメントテスト(TOEIC IPテスト)を必ず受験してください。第1回目の授業は学籍番号に基づく仮クラス編成で行われますので、「履修案内」にて自分のクラスを確認してください。第2回目の授業以降は、プレースメントテストの結果に基づく習熟度別クラスとなります。自分のクラスを掲示にて確認してください。
予め履修が望ましい科目
発展科目 英語II発展Aaプレゼンテーション初級、英語II発展Abプレゼンテーション中級
英語II発展Bリーディング&ディスカッション
英語II発展Cライティング、英語II発展Dビジネスイングリッシュ、英語II発展E TOEIC受験対策
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 英語リーディング・英文法
Key Word(s) English, reading, grammar
学習内容 初級クラス、もしくは、中級クラスの教科書に基づいた内容の授業を受けます。授業では、英語の読解力を高める為に、ある程度の長さの英語テキストとそれに関する演習問題に取り組みます。各回の授業では、テキストの内容と関連した、語彙及び文法に関する解説も行い、知識定着の為に、小テスト等も実施します。なお、授業の進め方、学習内容については、各クラスの習熟度によって異なります。
学習課題(予習・復習) 初回の授業において各担当教員から説明があります。
ナンバリングコード(試行) LIENGL1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University