三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養基盤科目・外国語教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次
1年生は、指定されたクラスにて受講してください。
編入生および再履修が必要な2年生以上の学生は、再履修クラスにて受講してください。
選択・必修 必修
授業科目名 英語I TOEIC
えいごいち とーいっく
English I TOEIC
単位数 1 単位
分野
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 木曜日 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10時限
1年生は、指定されたクラスにて受講してください。
開講場所

担当教員 1年生に関しては、入学時のIPテストの結果に基づき習熟度別クラス分けが行われ、担当教員が決定します。

学習の目的と方法

授業の概要 専用の教科書および語学e-learningシステムを用いて、TOEICにおいて高得点を取得できる英語力を身につけます。
学習の目的 [1] TOEICの各パートの練習問題に取り組み、問題の形式を理解し、必要な英語力を身につけます。
[2] TOEICの各パートにおける頻出の英語表現を確認し、理解・聴解の練習を重ね、苦手なパートをなくすことを目指します。
学習の到達目標 [1] TOEICにおいて、入学時よりも高い得点を取得するための英語力を身につけます。
(1年次の最低ラインは400点です。)
[2] TOEICにおいて高得点を目指すためにはどのパートを伸ばす必要があるか、把握できるようになります。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  • ○実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業

教科書 以下の教科書を必ず購入してください。
中級クラス: Step-by-Step for the TOEIC Test (Step 2:Intermediate course) アルク
初級クラス: Step-by-Step for the TOEIC Test (Step 1:Basic course) アルク
参考書
成績評価方法と基準 授業の評価と7月末に受験するTOEIC IPテストのスコアに基づいて、成績が決まります。

授業の評価基準
[1] 語学e-learningシステムに基づく小テスト 50%
[2] 教科書に基づく期末テスト 50%
計100% 合計が60%以上で「合格」となります。
授業で「合格」を取得し、かつ7月末に実施されるTOEIC IPテストで400点以上を取得することにより単位が認定されます。
オフィスアワー 各担当教員に確認してください。
受講要件 (新入生に関する注意)
4月に行われるプレースメントテスト(TOEIC IPテスト)を必ず受験してください。第1回目の授業は学籍番号に基づく仮クラス編成で行われますので、「履修案内」にて自分のクラスを確認してください。第2回目の授業以降は、プレースメントテストの結果に基づく習熟度別クラスとなります。自分のクラスを掲示にて確認してください。
予め履修が望ましい科目
発展科目 英語II発展Aaプレゼンテーション初級、英語II発展Abプレゼンテーション中級
英語II発展Bリーディング&ディスカッション
英語II発展Cライティング、英語II発展Dビジネスイングリッシュ、英語II発展E TOEIC受験対策
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード TOEIC
Key Word(s) English, TOEIC
学習内容 第1回(仮クラス):本授業の進め方、学習の仕方等に関するガイダンス
第2回以降(習熟度別クラス):4月のTOEIC IPテストの結果により、初級クラス、もしくは、中級クラスの教科書に基づいた内容の授業を受けます。授業では、TOEICの問題形式に基づいた、リーディングとリスニングの練習問題に取り組みます。そのことにより、TOEICの各パートの問題の特徴を、語彙、文法、さらには、コミュニケーションの方策と関連させて理解し、TOEICで高い得点を取得することができるような英語力を身につけます。以上のような英語力定着の為に、小テスト等も実施します。なお、授業の進め方、学習内容については、各クラスの習熟度によって異なります。
学習課題(予習・復習) 毎授業において、「語学e-learningシステム」に基づく小テストが実施されるので、「語学e-learningシステム」を用いて学習を行っておいてください。
各回の小テストの範囲は、初回の授業において配布される「英語Ⅰ TOEIC 履修マニュアル」で確認しておいてください。
ナンバリングコード(試行) LIENGL1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University