三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教養教育・教養基盤科目・異文化理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修 選択必修
授業科目名 異文化理解Ⅰ演習(中国語)a
いぶんかりかいⅠえんしゅう(ちゅうごくご)a
Foreign Studies I Seminar (Chinese) a
単位数 1 単位
分野
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 木曜日 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8時限
開講場所

担当教員 濱田武志(人文学部)
○湯浅陽子(人文学部)
花尻奈緒子(人文学部特任教員)
荒井茂夫(非常勤講師)
広中一成(非常勤講師)
胡蓉(非常勤講師)
祖建(非常勤講師)

Takesi HAMADA
○Yoko YUASA
Naoko HANAJIRI
Sigeo ARAI
Issei HIRONAKA
Rong HU
Jian ZU

学習の目的と方法

授業の概要 単語や表現をキーワードに、中国或いは中国語圏の国についての地理、文化、経済、政治など幅広い知識を身につけてゆく。また、日中間の文化的な差異が現れる言語表現について、実際の会話を通して学ぶ。
学習の目的 中国語の背景にある中国の文化や社会についての知識を獲得する。
学習の到達目標 中国語圏の国についての地理、文化、経済、政治など幅広い知識の習得。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴

教科書 各担当教員が指定。
参考書 授業で指定。
成績評価方法と基準 各担当教員によって差はあるが、おおむね、期末試験、50%、レポート等50%。しかし各担当教員によって異なるため、初回授業での担当教員の指示に従うこと。
オフィスアワー 金曜昼休み。湯浅研究室。メールでの相談も可。yuasa@human.mie-u.ac.jp
受講要件 大学入学以前に中国語の学習経験があり、また、家庭で日常的に中国語を使用している者で、すでに初級中級レベルの中国語能力を有する者、中国語圏からの留学生は履修出来ない。
予め履修が望ましい科目
発展科目 異文化理解Ⅱ演習(中国語) 異文化理解Ⅱ総合(中国語)
授業改善への工夫
その他 予習復習をしっかりとしよう。

授業計画

キーワード 中国語圏の文化、社会、人々の暮らし
Key Word(s)
学習内容 この授業では、中国(台湾や東南アジアの華人社会など、広く中国語圏も含む)の文化・社会・歴史などについて、現代中国語のキーワードを手掛かりに学ぶ。中国語圏の文化・社会・歴史などについての紹介と、それに関連する語彙や会話なども学ぶ。授業内容の詳細は各担当教員によって異なり、初回授業で説明される。
 第一回:中国の基礎知識(中国の地理「南船北馬」)
 第二回:中国の基礎知識(中国語とは。方言と普通話「南腔北調」)
 第三回:中国の文字(書同文。秦始皇帝の文字統一)
 第四回:中国の文字(漢字の発展。六書)
 第五回:中国の文字(簡体字と繁体字そして日本の漢字)
 第六回:漢字文化圏
 第七回:漢字文化圏
 第八回:古典中国語と漢文
 第九回:中国の政治と経済
 第十回:中国の政治と経済
 第十一回:中国の歴史①
 第十二回:中国の歴史②
 第十三回:現代中国と国際社会
 第十四回:現代中国と日本①
 第十五回:現代中国と日本②

 
事前・事後学修の内容 各授業で担当教員から紹介される関連書籍などを必ず読むこと。
ナンバリングコード(試行) LIFORS1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University