三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 全学が開講する教職に関する科目(教育学部学生を除く)
受講対象学生 学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
選択・必修
授業科目名 教育技術論B
きょういくぎじゅつろん びー
Theory of Educational Technique II
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 金曜日 9, 10時限
開講場所

担当教員 守山紗弥加(教養教育院)

MORIYAMA, Sayaka

学習の目的と方法

授業の概要 授業や教師、「学び」や「教え」を捉え直し、多様な授業イメージや教師像を構想できるようになることを志向する。
その中で、あらためて教育における「技術」の持つ意味について考えることで、教職についての視座を育む。
学び合いやグループでの課題解決を通して、教職を志す上で必要な教育技術や方法、それらに関連した知識・考え方を習得し、それらを活用して目的に応じた授業デザインや教材制作を目指す。
学習の目的 ・授業や教師、「学び」「教え」について、様々な対話を通して見つめ直す。
・教育の技術や方法、またそれらに関連した知識・考え方を身につける。
・教育の技術や方法の背景にある理念や観を読み解く姿勢を養い、具体的に説明できるようになる。
・上記の学習を他者との学び合いやグループでの課題解決を通して行うことができ、それらを活用して目的に応じた授業や教材を提案できるようになる。
学習の到達目標 ・教育の技術や方法、またそれらに関連した知識・考え方を身につけ、「授業」の世界について考察することができる
・教育の技術や方法が持つ意味や意義について、背景にある理念を踏まえて具体的に説明できる
・上記の学習を他者との学び合いやグループでの課題解決を通して行うことができ、それらを活用して目的に応じた授業・教材を提案できるようになる
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 PBL 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業 Moodle キャリア教育の要素を加えた授業

教科書 特に指定しない
参考書 中学校学習指導要領、高等学校学習指導要領(文部科学省)
田中耕治編(2007)『よくわかる授業論』(ミネルヴァ書房)
他、適宜紹介する
成績評価方法と基準 授業への取り組み・グループ活動への参加30%、授業内課題40%、最終レポート30%(いずれも必須)により、総合的に評価する
オフィスアワー 前期火曜3・4限
総合研究棟Ⅱ3階 312
受講要件
予め履修が望ましい科目 教職入門
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 教育の技術・方法、授業デザイン
Key Word(s) educational technique,perspective,design of lesson
学習内容 第1回 オリエンテーション:授業の概要と方法の確認
第2回 「教師にとって必要な技術とは?」
第3回 教育における「技術」の捉え方:技化/身体化
第4回 授業を「うける」:授業の世界×子どもの世界
第5回 授業を「みる」(1):授業の見方・捉え方、観察・記録法
第6回 授業を「みる」(2):授業観察実習
第7回 授業を「かたる」:授業記録に基づいた省察・検討
第8回 授業を「しる」(1):授業の構成要素
第9回 授業を「しる」(2):様々な学習観、授業観
第10回 授業を「しる」(3):授業の時間・空間(学習形態、教育内容)を考える(ICTの導入による「学び」空間や「知」の諸相の変容) 
第11回 授業を「つくる」(1):教材研究・開発
第12回 授業を「つくる」(2):授業デザイン・授業案作成
第13回 授業を「する」(1):授業実践活動(電子黒板、タブレット端末、動画教材等の活用)
第14回 授業を「する」(2):評価・省察活動(Moodleを活用した評価・省察)
第15回 学びのふり返りと「つぎのいっぽ」の見通し
事前・事後学修の内容 授業時間外に、課題に関わる調査・制作やグループ活動を必要とする場合があります。その場合には、各自が責任をもって積極的に取り組むように心がけてください。
ナンバリングコード(試行)

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University