三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 工学部機械工学科 ・専門教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 2年次
工学部機械工学科
選択・必修 必修
学科必修
授業科目名 創成デザイン
そうせいでざいん
Creative Design
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 月曜日 8, 9, 10時限
講義日指定
開講場所 工学部内

担当教員 鎌田 泰成(工学研究科機械工学専攻)

KAMADA, Yasunari

学習の目的と方法

授業の概要 機械設計・製作を交えて正解のない問題に対する発想力,種々の学問・技術を統合する能力を養うことを目的とする.とくにPDCAを取り入れ,試行錯誤を繰り返しながら改善する.
学習の目的 将来の技術者として重要な発想力,創造力を修得する.
学習の到達目標 作品の設計から製作までの一貫の作業により,総合的なモノ作りの感覚を修得する.
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標
○ JABEE 関連項目

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習 実験 実習 実技

授業の特徴 能動的要素を加えた授業

教科書 とくに指定はない.適宜資料の配布を行う.
参考書 講義ならびに設計に関しては,これまで専門科目で利用してきた教科書等を広く使用する.また,自身の設計に参考となる書籍を自主的に調査することも必要となる.
成績評価方法と基準 出席は必要条件であり,9割以上出席した人を単位認定の対象とする.評価は,設計書,作品および報告書により合計100点で行う.合格点を60点とし,合計点数/10を四捨五入して最終成績とする.最終成績6以上を合格とする.
オフィスアワー 授業終了後に講義室ならびに機械創成棟4階 鎌田教員室(2408室)にて対応.電子メールによる受け付けは随時可.
受講要件 本授業ではモノ作りの作業を行うので,学生教育研究災害傷害保険等に必ず加入すること.
予め履修が望ましい科目 本授業は,これまで受講してきた科目全般と関連するが,過去の経験や課題に対して興味を持つことが重要である.大学の授業に拘わらず,身近な事象にも関心を持つことが望まれる.
発展科目 本授業では,総合的な学習力を養成することを目的としているので,発展科目としては,機械設計製図,卒業研究が挙げられる.
授業改善への工夫 ある事象を対象として構想から製作までを一貫して行い,モノ作りを体感すると共に,試行錯誤を交えた“創成能力”を育成する.
その他

授業計画

キーワード 創造力,デザイン能力,自主性
Key Word(s) Creativity, Ability for design, Independence
学習内容 講義の初回に詳細な学習内容とスケジュールを改めて提示するが,概要は以下の通り.本授業は実習を伴うため,3時限を10週行う予定である.

第1回 講義の進め方.課題提示.設計指針.設計.
第2回 設計製作1
第3回 測定1・第1回報告書作成
第4回 第1回報告会
第5回 設計製作2
第6回 測定2・第2回報告書作成
第7回 第2回報告会.
第8回 設計製作3
第9回 測定3・最終報告書作成
第10回 最終報告会

各設計書と報告書は,Microsoft Powerpointを使用し,シナリオを付けて作成,印刷したものとする.
学習課題(予習・復習) 各自の発想力が重要となる.課題に関して常日頃から考慮することが望まれる.報告書などの提出については,期日厳守が重要である.
ナンバリングコード(試行) EN-COMN-3

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University