三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・教職に関する科目
科目名 技術科教育
ぎじゅつかきょういく
Technology Education
受講対象学生 教育学部, A 類

学部(学士課程) : 3年次
67 期生
卒業要件の種別 必修
技術・ものづくり教育コースは、AⅠ類・AⅡ類とも必修です。
授業科目名 技術科教育法Ⅳ
ぎじゅつかきょういくほうよん
Method of Technology Education Ⅳ
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 月曜日 5, 6時限
開講場所 技術棟T201

担当教員 魚住明生(教育学部技術・ものづくり教育講座)

UOZUMI Akio

学習の目的と方法

授業の概要 技術科教育法Ⅲの深化・発展として,教育実習での授業を分析し,授業改善の方法について理解すると共に,これからの社会に求められる中学校技術・家庭科(技術分野)の授業を創造できることをねらいとする。
学習の目的 この授業を履修することにより,これからの社会に求められる技術科教育での授業を自ら創造していくことができるようになる。
学習の到達目標 ・教育実習での自らの授業を分析・検討することができる。
・授業を改善する方法について理解すると共に,より良い授業を構想し設計することができる。
・これからの社会に求められる技術科教育での授業を創造することができる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 PBL

教科書 ・文部科学省:中学校学習指導要領解説 総則編,2009
・文部科学省:中学校学習指導要領解説 技術・家庭編,2010
・日本産業技術教育学会:新 技術科教育総論,2009
 その他,授業に必要な書籍は適宜紹介すると共に,資料を配布する。
参考書 授業に必要な書籍は適宜紹介すると共に,資料を配布する。
成績評価方法と基準 出席,授業態度,提出物,発表・協議等を基にして総合的に評価する。
オフィスアワー 毎週水曜日の12:00~13:00,場所:技術科教育研究室
受講要件 技術科教育法Ⅲを履修していること。
予め履修が望ましい科目 ものづくり教材研究または技術教育法Ⅰ,技術科教育法Ⅱ,技術科教育法Ⅲ
発展科目 教職実践演習
授業改善への工夫 授業時における学生との討論や,学生からの意見・要望等に応じ,授業を改善する。
その他 複数回,小・中学校の研究発表会に参加し,学校現場の実践について検討する取組も行うことがある。

授業計画

キーワード 授業分析,学習指導法,協同学習,教科教育
Key Word(s) Class Analysis, Learning / Teaching Methods, Cooperative Learning, Curriculum Education
学習内容 1回 ○ オリテン:教育実習の振り返り,本授業の概要説明
2回 1. 教育実習での授業の発表と協議
3回 2.教育実習での授業の分析と検討
    (1) 単元案の分析と検討
     ① 指導計画の作成と単元の位置づけ
     ② 単元目標の見直しと評価計画の作成
4回   ③ 単元観の検討
5回 (2) 本時案の分析と検討
     ① 目標の設定と分析
     ② 学習過程の検討
6回   ③ 机間指導での個々の課題に応じた具体的な支援の検討
     ④ 具体的な評価と支援の設定
7回 (3) 教材の分析と検討
8回 (4) 改善した学習指導案の発表と協議
9回 3.これからの技術科教育に求められる授業の創造
    (1) 技術科教育の授業における現状と課題
10回 (2) 3年間を見通した教育課程の構築
     ① 技術の本質についての検討
     ② 主題,並びに題材・単元の設定
11回  ③ 教育計画の作成
12回 (3) 「学びの共有」を目指した授業の構想
     ① これからの社会に求められる学力と日本の現状
     ② 技術科教育における「学びを共有」する授業の検討
     ③ 言語活動を活性する学習指導・教材の検討
13回 (4) 模擬授業の準備(学習指導案・教材の作成)
14回 (5) 模擬授業の実施
15回 (6) 模擬授業の検討
学習課題(予習・復習) 教育実習での学習指導案を分析し,授業の構成要素ごとに検討する。その際に数回のレポートを課す。最終課題として「これからの技術科教育に求められる授業の創造」を構想し,学習指導案を作成して,模擬授業を行う。
ナンバリングコード(試行) ED-EDUC-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University