三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教養教育・教養統合科目・現代科学理解
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次, 5年次, 6年次
選択・必修 選択
授業科目名 化学A
かがくえー
Chemistry A
授業テーマ 化学に関する話題
単位数 2 単位
分野 自然 (2014年度(平成26年度)以前入学生対象)
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 水曜日 5, 6時限
開講場所

担当教員 村田 繁(非常勤講師)

学習の目的と方法

授業の概要 化学工業の重要性を理解したうえで、化学の基礎を学び、その上で改めて現代の化学工業、製品への理解を深める。化学製品の価格、化学企業の収益性、環境や品質への要求等を学ぶことで化学工業を経済的な視点からも理解する。併せて、化学系企業が望む人材についても解説する。
学習の目的 理系・文系を問わず、化学の基礎を学んだうえで、化学に立脚する幅広い分野の化学工業に対する理解を深め、現代社会における化学の役割、及び重要性を認識する。
加えて、講師の村田は化学企業の卒業生である。化学分野に席を置いた企業人の視点から、企業から求められるスキルなど、社会人として活躍するために参考となる情報を提供する。
学習の到達目標 現代の化学工業を、基本的な化学の知識を基に理解し、説明できるようになること。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  •  課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  •  指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 グループ学習の要素を加えた授業

教科書 なし。講義毎に資料を用意する。
参考書 なし
成績評価方法と基準 出席率4、アンケート記載内容2、レポート4で評価する。
オフィスアワー 非常勤のためオフィスアワーはないが、電子メールにより質問等を受け付ける。
受講要件 なし
予め履修が望ましい科目 なし
発展科目 化学工学
授業改善への工夫 自由記載の授業アンケート等で学生の要望、意見を参考に授業内容および授業方式を改善する。
その他

授業計画

キーワード 原子、分子、化学結合、化学反応、物理化学、化学企業、機器分析、研究開発、問題解決力、環境保護
Key Word(s) Atom, Molecule, Chemical Bond, Chemical Reaction, Physical Chemistry, Chemical Enterprise, Instrumental Analysis, Research & Development, Problem Solving, Environmental Protection
学習内容 ①-1講義の進め方紹介
-2化学製品は役に立っている。(その理解はすべての人にとって有用)
・石油精製製品、石油化学製品(化学繊維、基礎化学製品、機能性化学製品、高分子製品、無機化学製品、医薬品、農薬、プラスチック、ゴム
・石油精製製品とは、ガソリンの利用と化学反応(燃焼)
・金属腐食は化学反応
・化学製品の製造法例
 (化学反応、精製、容器・包装)
これらを理解するには、原子、分子、化学結合、化学反応、物理化学等に関する理解が必要
②原子、分子、化学結合
・原子、周期表
・化学結合の種類
・分子
③化学反応、物理化学
・化学反応の基礎、触媒の効果、平衡
・物質の物理的性質
・・気体の温度ー圧力ー体積、沸点、融点、相変化
・・化学物質の精製法
④国内外の化学系企業、化学製品の価格、経済
・化学系企業の価格構造、財務諸表(国のマクロ経済政策)
⑤石油製品、石油化学原料の製造、用途と課題
(化学結合、沸点、融点、触媒について)
⑥、⑦、⑧化学製品、化学反応、分子構造、特徴と用途
・プラスチックの製造、成型と用途
・ゴム、ゴム製品の製造、成型と用途
・フォトレジストに使用される化学製品(半導体、液晶)
・エアコンに使用される化学製品
⑨分析機器で何がわかるか(代表的な分析機器を例に)
・クロマトグラフ(GC,LC,GPC)
・核磁気共鳴
・原子吸光、ICP-MS
⑩安全、品質、環境に関する 管理システム(ISO9001と14001) の重要性
⑪化学系企業の研究開発からプラントでの製造まで
・ラボでの合成、サンプルつくり、パイロットプラント、スケールアップ、化学プロセスシミュレーション
⑫物性評価と用途開発
・土木材料開発
・自動車、電気機器向け材料開発
⑬製造業における問題解決力の必要性
・問題解決手法例とその使い方実践
⑭化学系企業が望む学生のスキルと能力
・技術系
・営業系
⑮化学と環境保護
四日市ぜんそく
規制(大気、水質)
CO2排出抑制
省エネ
事前・事後学修の内容 予習は不要。復習をしっかり行い、不明な点は次回に質問すること。
ナンバリングコード(試行) LICHEM1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University