三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 教育学部・教科に関する専門科目(A類)・音楽
科目名 小学校の教科に関する科目・音楽
しょうがっこうのきょうかにかんするかもく・おんがく
Music for Elementary School
受講対象学生 教育学部, A 類

学部(学士課程) : 2年次, 3年次, 4年次
63~69 期生
卒業要件の種別 必修
AⅠ類は必修
AⅢ類(小学校基礎免)AⅣ類は選択必修
授業科目名 小学校専門音楽A
しょうがっこうせんもんおんがくらーじえー
Music for Elementary School A
単位数 2 単位
受講対象学生 教育学部, A 類

62 期生
卒業要件の種別 選択必修
授業科目名 小学校専門音楽Ⅰa
しょうがっこうせんもんおんがくいちすもーるえー
Music for Elementary School Ⅰa
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 木曜日 5, 6時限
開講場所 教育学部音楽棟1階 音楽教育演習室

担当教員 高瀬瑛子(三重大学教育学部非常勤講師)

TAKASE,Yoko

学習の目的と方法

授業の概要 音楽活動への理解を深め、小学校の音楽教育で必要とされる基礎的な能力としての実技(ピアノを含む)、楽典、弾き歌いなどの習得を目標とする。
学習の目的 グループの音楽活動をとおして、表現・鑑賞や音楽をする喜びを体験しつつ、基礎的実技能力を習得する。
学習の到達目標 楽譜を読み、リズム楽器、鍵盤ハーモニカ、リコーダー、ピアノ、歌などでアンサンブルし、平易な歌唱教材の弾き歌いが出来る。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  •  倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習 実習 実技

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 グループ学習の要素を加えた授業

教科書 2011年改訂版
教員養成課程「小学校音楽科教育法」(教育芸術社)
参考書
成績評価方法と基準 グループ発表・実技試験(50%), 筆記試験・提出物(50%) により評価する。
オフィスアワー 毎週金曜日12:00~13:00
場所/小畑研究室 obata@edu.mie-u.ac.jp
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目 音楽教材研究
授業改善への工夫 レポートなどの提出物その他により判断し、学習の目的に沿って可能な限り改善方法を検討する。
その他 人数制限あり(28名まで)

授業計画

キーワード 音楽活動(リズム、歌唱、ピアノ)、音楽表現、アンサンブル
Key Word(s) Musiv Actvities( rhythm, singing, piano playing), Music Expression, Ensemble 
学習内容  1. ガイダンス(アンケート記入など)、読譜について(音価・音高の確認)
2. 拍子とリズム(音楽に合わせて動く)
3. リズム活動 1 (リコーダー、鍵盤ハーモニカや打楽器に慣れる)
4. リズム活動 2 (リコーダー、鍵盤ハーモニカや打楽器でアンサンブル)
5. 旋律を歌おう (ト音記号・へ音記号を読む)
6. 旋律を合わせて歌おう (アンサンブル体験・発表)
7. ピアノ実技1 (音階について)
8. ピアノ実技2 (和音について)
9. ピアノ実技3 (右手・左手に分けた練習)及び楽典(1)音階と音程
10. ピアノ実技4 (歌唱教材に取り組む)及び楽典(2)和音と和声
11. 弾き歌い選択曲の「ピアノ伴奏部分」の小テスト
12. 弾き歌い選択曲の「ピアノ伴奏部分」の小テスト
13. ピアノ伴奏部分 (簡易伴奏を含む)のテスト
14. ピアノで弾き歌い (歌唱を含む)のテスト
15. まとめと楽典のテスト      
定期試験        
事前・事後学修の内容 教科書、課題による予習、復習をして授業に臨むこと。
必要な課題や内容についは、その都度Moodleに掲載するので授業の前後に必ず見ておくように。
止むを得ず欠席した場合は, 配布資料などを確認し, 課題内容について把握しておくように。
ナンバリングコード(試行) ED-EDUC-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University