三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学部・教科に関する専門科目(A類)・音楽
科目名 器楽
きがく
Instrumental Music
受講対象学生 教育学部, A 類

学部(学士課程) : 1年次, 2年次, 3年次, 4年次
~69 期生
卒業要件の種別 選択必修
授業科目名 器楽研究B1
きがくけんきゅうB1
Instrumental Music B1
単位数 1 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 火曜日 7, 8時限
開講場所 教育学部音楽棟2階 アンサンブル室

担当教員 日置 美知代(教育学部非常勤講師)

HIOKI, Michiyo

学習の目的と方法

授業の概要 必修を外れた今でも、なお使われ続けるリコーダー。しかし正しい知識を持たない教師から授業を受ければ「リコーダーは子どもの持つ楽器」などという誤った認識を児童生徒が持ってしまう。バロックから現代曲までも演奏できる奥の深いリコーダー。リコーダーに対する誤った認識を払拭し、リコーダーを通して音楽を表現することの楽しさを体感し、感動をもって伝えられる教師となれるよう演奏に習熟する。リコーダーの歴史や、教育楽器として取り上げられた背景を知り基礎的な演奏技術を習得する。リコーダーのためのオリジナル曲・リコーダーのために編曲された曲・アンサンブル曲・独奏曲など多様な曲を演奏してリコーダーの可能性を探る。
音楽科はplayする科目である。教師個人の力量が児童生徒に如実に反映されてしまう科目であり、ペーパーで評価される科目とは異なる点も多い。それらを、現場を体験した教師から学び、併せて児童生徒の可能性の高さにも気づき、教師としての力量を高める。
学習の目的 本物のリコーダーの響きを知り、リコーダーの基礎的な奏法をマスターすることできる。
学習の到達目標 リコーダーの基礎的な演奏技術を身につけ、アンサンブルでも楽しむことができるようになる。
他者の演奏を注意深く聴きながらまとまったアンサンブルができるようになる。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 演習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業

教科書 練習曲楽譜等は随時配布する。
参考書
成績評価方法と基準 普段の練習とその練習にうら付けされた演奏50%。期末試験50%(実技と筆記)。
オフィスアワー 毎週水曜日10:30~12:30 (連絡窓口/森川研究室)k_morika@edu.mie-u.ac.jp
受講要件 特になし。
予め履修が望ましい科目 特になし。
発展科目 合奏(伴奏法・合奏)1・2
授業改善への工夫
その他 自分のソプラノリコーダー・アルトリコーダーがある場合は持参のこと。ない場合は貸与楽器の使用となる。

授業計画

キーワード リコーダー、演奏法
Key Word(s) A way of playing the Recorder
学習内容 1.リコーダーの歴史、構造などの基礎知識。 呼吸法。 簡単な音出し。
2.導入時の工夫と簡単な重奏
3.~5.ソプラノリコーダーを使った作品
6.~7.アルトリコーダーの運指練習とアルトリコーダーを使った簡単な練習曲や作品
8.~9.アルトリコーダーとソプラノリコーダーを使ったアンサンブル作品
10.~11.テナーリコーダーとバスリコーダーにも触れアンサンブルの巾の広さに気づく。
      4種類のリコーダーを用いた練習曲
12.~15.3~4種類のリコーダーを用いたアンサンブル曲   
学習課題(予習・復習) 毎回講義で得た課題を次週までに十分練習しておくこと。
ナンバリングコード(試行) ED-INMU-1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University