三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教養教育・教養基盤科目・基礎教育
受講対象学生 学部(学士課程) : 1年次
人文学部文化学科1年生が対象です。
選択・必修 必修
授業科目名 情報科学基礎
じょうほうかがくきそ
Basic Information Science
単位数 2 単位
分野
開放科目 非開放科目
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

前期

開講時間 金曜日 1, 2時限
開講場所 各クラスで教室が異なるため,注意してください。

担当教員 久間泰賢(人文学部)
三根慎二(人文学部)
石田修二(非常勤講師)

Kyuma, Taiken
Mine, Shinji
Ishida, Shuji

学習の目的と方法

授業の概要 大学における研究を進めるうえで必要となるコンピュータの基本的知識及び操作を身につけます。
学習の目的 [1] パソコン利用の社会的ルールを身につけます。
[2] レポート・論文作成にとって必要となるパソコンの基本的操作方法を身につけます。
[3] レポート・論文作成にとって必要となる情報の検索と利用の方法を身につけます。
学習の到達目標 [1] 情報リテラシーおよび情報倫理に関する基本的知識を得ることができます。
[2] Word・Excel・Powerpointの基本的操作方法が理解できるようになります。
[3] インターネットを利用してWEB情報を収集する方法が理解できるようになります。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  •  論理的思考力
  • ○課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 能動的要素を加えた授業 Moodle

教科書 「Microsoft Office2016を使った情報リテラシーの基礎」(近代科学社)
参考書
成績評価方法と基準 授業内での課題(40%)、演習提出課題(40%)、最終レポート(20%)の計100%
60%以上で単位が与えられます。
オフィスアワー 各担当教員から説明があります。
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他 1年生は、学籍番号によるクラス分けが行われます。必ず指定されたクラスにて受講してください。

再履修の学生は、希望するクラスの初回の授業に必ず出席し、担当教員と相談の上、許可を得てください。教室の関係上、各クラスで受け入れることのできる再履修生の数には上限があります。

授業計画

キーワード コンピューターによる情報利用の基礎
Key Word(s) Information Literacy, Information Ethics, Productivity Software, Search Engine, Database
学習内容 第1-2回 ネットワーク,情報セキュリティ,情報倫理 
第3-5回 文書作成(WORD)
第6-7回 プレゼンテーションソフト(POWERPOINT)
第8-10回 表計算(EXCEL)  
第11-12回 WWW・文献情報データベース検索
第13-15回 レポート作成・その他

詳細に関しては、授業において、各担当教員より説明があります。
学習課題(予習・復習) 予習:各回、教科書の読んでおくべき部分を指定します。必ず読んでおくようにしてください。
復習:各回、授業で練習・学習したことを確認するための課題を提示します。決められた期日までに、Moodleにて提出してください。
ナンバリングコード(試行) LIINFS1

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University