三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2017 年度
開講区分 教育学研究科(修士課程)教育科学専攻・共通科目
受講対象学生 大学院(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) : 1年次
選択・必修 選択
授業科目名 理数・生活系教育領域特論Ⅱ
りすう・せいかつけいきょういくりょういくとくろんに
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講 自研究科の学生の受講可, 自専攻の学生の受講可, 他専攻の学生の受講可
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 火曜日 9, 10時限
開講場所 教育学部

担当教員 古関春隆,玉城政和,肥田野久二男,牧原義一,松本金矢,磯部由香,(教育学部)

Harutaka KOSEKI, Masakazu TAMASHIRO, Kunio HIDANO, Yoshikazu MAKIHARA, Kinya MATSUMOTO, and Yuka ISOBE

学習の目的と方法

授業の概要 新学習指導要領において重視されている「生きる力」を育むという理念に沿った教科横断的な教育研究の内容を取り扱う。「生きる力」の育成は,本学の教育の基本理念の柱の一つであり,その理念を学校教育に展開することを目指す。
 自然科学と技術・生活の関わりについての教科横断的な学習を通して,現代社会における諸問題を総合的に理解し教材化する力量を育成する。さらに,解決方法,新たな問題の同定等を適切に表現し伝える力,すなわち科学技術コミュニケーションの力量を高める。
 特に,幼稚園における『人間関係』や『言葉』,小学校における『生活科』や『特別活動』『総合的な学習の時間』,『外国語活動』における理数・生活系教育領域での現代的課題について,三重県を中心とした実践を事例として考察する。
学習の目的
学習の到達目標 幼稚園の領域や小学校の教科に跨る理数・生活系教育領域における教育研究を通して,「発達•支援に関する洞察•省察力」「人間•関係に関する発信•受信力」「連携•連帯に関する互恵•恊働力」「教材•教具に関する研究•開発力」を培う。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  •  感性
  •  共感
  •  倫理観
  •  モチベーション
  •  主体的学習力
  •  心身の健康に対する意識
考える力
  •  幅広い教養
  •  専門知識・技術
  •  論理的思考力
  •  課題探求力
  •  問題解決力
  •  批判的思考力
コミュニケーション力
  •  情報受発信力
  •  討論・対話力
  •  指導力・協調性
  •  社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  •  感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義

授業の特徴 能動的要素を加えた授業

教科書 なし
参考書 授業の中で随時配布する
成績評価方法と基準 課題への取り組み態度50%,レポート50%
オフィスアワー 磯部由香 毎週月曜日12:00-13:00 教育学部1号館3階
受講要件
予め履修が望ましい科目
発展科目
授業改善への工夫
その他

授業計画

キーワード 自然科学,科学技術,生活科学,コミュニケーション
Key Word(s) natural science, technology, sciences of living, communication
学習内容 第1回 オリエンテーション
第2回 自然科学と技術(実践を支える理論)
第3回 自然科学と技術(現場での応用)
第4回 自然科学と技術(理論と実践現場との往還)
第5回 自然科学と生活(実践を支える理論)
第6回 自然科学と生活(現場での応用)
第7回 自然科学と生活(理論と実践現場との往還)
第8回 中間まとめ(発表と討論)
第9回 自然科学と環境(実践を支える理論)
第10回 自然科学と環境(現場での応用)
第11回 自然科学と環境(理論と実践現場との往還)
第12回 科学技術コミュニケーション(実践を支える理論)
第13回 科学技術コミュニケーション(現場での応用)
第14回 科学技術コミュニケーション(理論と実践現場との往還)
第15回 全体まとめ(発表と討論)
定期試験 レポートをもって試験とする
学習課題(予習・復習)
ナンバリングコード(試行) ED-EDUC-4

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University