三重大学ウェブシラバス


シラバス表示

 シラバスの詳細な内容を表示します。

→ シラバスの一覧にもどる

科目の基本情報

開講年度 2018 年度
開講区分 医学部看護学科 ・成人看護学
受講対象学生 学部(学士課程) : 2年次
選択・必修 必修
学科必修
授業科目名 成人看護学Ⅱ
せいじんかんごがくⅡ
Adult Nursing Ⅱ
単位数 2 単位
他学部・他研究科からの受講
市民開放授業 市民開放授業ではない
開講学期

後期

開講時間 水曜日 5, 6, 7, 8時限
開講場所

担当教員 吉田和枝, 辻川真弓, 坂口美和, 竹内佐智恵, 犬丸杏里(医学部看護学科), 武田佳子, 船尾浩貴(医学・看護学教育センタ)他

学習の目的と方法

授業の概要 成人期にある人の健康レベル・状態に応じた看護実践とそれに必要な基本概念を理解する。1)がん看護2)侵襲的治療と看護3)継続看護4)障害と看護5)リハビリテーション看護について学ぶ。講義の進め方としては、①教員により課題のアセスメントの説明を行う、②自己学習をした上でGWを行い、アセスメントや看護展開について深める。③教員による課題の解説を行う。この流れから周手術期の理解と急性期における看護を学ぶ。
学習の目的
学習の到達目標 1.がん患者およびその家族の治療を通して必要とされる看護、がんと  ともに生きるための援助について理解する。
2.侵襲的治療を受ける患者および家族の看護を理解する。
3.看護過程演習を通して、患者の個別性を重視したアセスメントと看  護について理解を深める。
4.障害をもつ人のリハビリテーションを理解する。
ディプロマ・ポリシー
○ 学科・コース等の教育目標

○ 全学の教育目標
感じる力
  • ○感性
  • ○共感
  • ○倫理観
  • ○モチベーション
  • ○主体的学習力
  • ○心身の健康に対する意識
考える力
  • ○幅広い教養
  • ○専門知識・技術
  • ○論理的思考力
  • ○課題探求力
  • ○問題解決力
  • ○批判的思考力
コミュニケーション力
  • ○情報受発信力
  • ○討論・対話力
  • ○指導力・協調性
  • ○社会人としての態度
  •  実践外国語力
生きる力
  • ○感じる力、考える力、コミュニケーション力を総合した力

授業の方法 講義 演習

授業の特徴 PBL

教科書 小松浩子他編:成人看護学総論、医学書院
鎌倉やよい他:周術期の臨床判断を磨く、医学書院(成人看護学Ⅰで購入済)
参考書
成績評価方法と基準 課題レポートとポートフォリオ(50%)、定期試験(50%)
オフィスアワー 毎週木曜日 13:00~14:30 場所:看護学科605号室(吉田)
受講要件
予め履修が望ましい科目 成人看護学Ⅰ
発展科目 成人看護学Ⅲ 成人看護学実習Ⅰ・Ⅱ  
授業改善への工夫 学生に提出してもらうレスポンスカードにより、感想・意見をフィードバックし対応する。
その他

授業計画

キーワード がん看護 侵襲的治療 運動障害 継続看護
Key Word(s)
学習内容 1.オリエンテーション、術前・術中の看護
2.ムーアの分類
3..「循環器系のアセスメント」説明
4.5.麻酔法
6.「循環器系のアセスメント」演習
7.「循環器系のアセスメント」解説等
8.ストーマケア演習
9.脳の手術を受ける人と家族の看護
10.「呼吸器系のアセスメント」説明
11.「呼吸器系のアセスメント」演習
12.「呼吸器系のアセスメント」解説等
13.血糖測定演習
14.「感染と痛みのアセスメント」説明
15.「感染と痛みのアセスメント」演習
16.「感染と痛みのアセスメント」解説等
17.「消化器系のアセスメント」説明
18.「消化器系のアセスメント」演習
19.「消化器系のアセスメント」解説、まとめ
20.整形外科疾患で運動機能障害をもつ人と家族の看護
21.セクシュアリティに障害をもつ人と家族の看護
22.脳血管障害で運動機能に障害をもつ人のリハビリテーション
23.永久気管孔をもつ人と家族の看護
24.試験
事前・事後学修の内容 ・各講義内容に相当する解剖学・生理学について予習・復習しておくこ と。
・事前学習をして講義に臨むこと。小テストあり。
・看護過程演習はグループメンバー全員がフリーの時間も活用して参加 すること。
ナンバリングコード(試行) MD-NADU-2

※最初の2文字は開講主体、続く4文字は分野、最後の数字は開講レベルを表します。 ナンバリングコード一覧表はこちら


Copyright (c) Mie University